2010年08月08日

高山旅行記 〜第三日目〜

はい、高山旅行も最終日です。
朝起きて、少々、疲れが出てきましたけれど…。
せっかく来たんだから…体力の限界に挑戦してやる!くらいの勢いで楽しんできました。
とりあえず、前日のバスの時間を見て、少々時間を持て余してしまったので…。
最終日はのんびりしておりました。
朝ご飯は2回目って事で、ほうばみそはつきませんでした。
なので、ご飯のおかわりはなしでしたが…。
道中、食べまくっていたので、これでよかったと云う事で…(笑)

20100807_1.jpg

続きを読む
posted by 和泉綾 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

高山旅行記 〜第二日目〜

はい、高山旅行も二日目です。
前日、余ほど疲れてしまっていたのか…。
とっとと寝てしまっていました。
民宿なので、お布団は自分で敷きました。
畳の上で眠るのって、滅多にない事なので、少々満喫させて頂きながら、朝、目をさまして、顔を洗って、荷物を持って食堂に向かいました。
というのも、そのまま部屋に戻らず、出かけるつもりだったからです。

で、その日の朝ご飯は…

20100806_1.jpg

20100806_2.jpg

メインは当然のようにほうばみそでした。
普段、朝ご飯なんて食べない和泉が、ご飯をお代わりしましたよ…。
ホント、夏インテの時には体重が増えまくって、和泉を知っている人々が和泉の事が解らんくなるくらい太ってしまいそうな…という心配が出てきましたが…。
ホント、ちょっと前まで、体重増やしたいとか云いながら、ここで、これだけ食べていれば大丈夫!なんて思いました(笑)
はい、体重は、別に心配しなくても勝手に増えて行きます。
今回の旅行で学んだことの一つです(笑)

続きを読む
posted by 和泉綾 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

高山旅行記 〜第一日目〜

こんにちは、和泉綾です。
8月に入ってから、完全に小説更新がグダグダ状態ですが…。
とりあえず、オフラインも入稿を済ませましたし、あの、ドタバタの超忙しい状態はひと段落致しました。
で、予告通りに、高山旅行をしてまいりました。
途中、携帯電話からごちゃごちゃと、その時のご報告をしていた訳ですけれど、きちんと旅行記を掲載したいと思います。
画像がいっぱいです。
とにかく写真を撮りまくりました。
で、一枚、自分が写っているものもあるのですが…。
和泉の顔を知らない人が殆どでしょうから、モザイクをかけてあります。
そう云った隠すためのモザイクをかけた事がないのでへたくそなかけ方をしていますが…。
とりあえず、拙い旅行記ですが、読んでみてやって下さい。

続きを読む
posted by 和泉綾 at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2010年04月25日

はなもも

今日は天気がよかったので、お昼ごろから出かけて行って、長野県の昼神から妻籠をつなぐ『はなもも街道』に行ってきました。
あまりメジャーではないし、多分、南信の一部から東濃北部の一部辺りでしか和泉は見た事がないですし、実際に名前もあまり知られていられないと思われる花です。
ちなみに、長野県内では中信地区、北信地区でも見られる場所があるようです。
はなももに初めて気づいたのは数年前なんですが…
桜より少々遅いくらいの時期です。
ただ…今年の気候はなんだかおかしなことになっていて…微妙な咲き方をしていたのですが…
それでも写真を撮れるくらいのところもありましたので、画像を張っておきます。
場所としては長野県の伊那谷と木曽谷をつなぐ国道256号線です。

はなもも


はなもも


はなもも


お気づきでしょうか?
1本の木なのですが、2色の花が咲いているんです。
中々きれいなんですが…
白だったり、薄いピンクだったり、中には赤に近いピンクになっていたり…
どういう事なのかはよく解らないのですが…
日当たりの関係でもなく、花が咲くとこんな感じになるんです。
花を見る為の木の様で…実などを食べると云う事はないそうです。

他には
駒ヶ根市 中沢「すみよしや」
南木曽町 富貴畑高原
上田市の旧武石村(余里花桃の郷←よりはなもものさとと読むそうです)
佐久市 国道254号コスモス街道内山地区
小布施町 浄光寺薬師堂境内・小布施橋河川敷千曲川ふれあい公園

ちなみにネットで調べたはなもものデータですが…
科名 : バラ科サクラ属
分類 : 落葉小高木
開花期 : 3〜4月
原産国 : 中国
花言葉 : 人柄の良さ、恋のとりこ、あなたに夢中

だそうです。
品種は何種類かあるようですが…
そこまでは見分けられないので、ここに貼り付けた画像がどの品種かは解りません。
興味をもたれた方…
多分、今日行った、阿智村(旧清内路村)に行ってみるといいと思います。
G.W.辺り、もっとたくさん咲いていると思います。
今日はまだ、つぼみだったところ、花がまだ咲きかけ状態の場所もありましたが…
これからの気候次第でしょうが…
ちなみに、まだ、桜が咲いていました(笑)
今年は本当に遅いです。
旅行記…というには少々地味な記事ですが…
どんなもんでしょうか?

細々と、ランキングに参加中…。この記事を読んで、お気に召して頂いた方は、お手数ですが、バナーを一回クリックしてください。拍手ページは10ページほどの対談(2010/03/26更新)を用意しています。
にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ
にほんブログ村





拍手ボタン(携帯電話から接続されている方はこちらから拍手ページにお入り下さい)

Novel Rebellion イラスト投稿掲示板

※パスワードは『Amethyst』です。
アンケートのご協力のお願い

携帯電話からの接続の方はこちらから

アンケートを設置しました。アンケートのご協力、よろしくお願いします。
posted by 和泉綾 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

はなもも

今日は天気がよかったので、お昼ごろから出かけて行って、長野県の昼神から妻籠をつなぐ『はなもも街道』に行ってきました。
あまりメジャーではないし、多分、南信の一部から東濃北部の一部辺りでしか和泉は見た事がないですし、実際に名前もあまり知られていられないと思われる花です。
ちなみに、長野県内では中信地区、北信地区でも見られる場所があるようです。
はなももに初めて気づいたのは数年前なんですが…
桜より少々遅いくらいの時期です。
ただ…今年の気候はなんだかおかしなことになっていて…微妙な咲き方をしていたのですが…
それでも写真を撮れるくらいのところもありましたので、画像を張っておきます。
場所としては長野県の伊那谷と木曽谷をつなぐ国道256号線です。

はなもも


はなもも


はなもも


お気づきでしょうか?
1本の木なのですが、2色の花が咲いているんです。
中々きれいなんですが…
白だったり、薄いピンクだったり、中には赤に近いピンクになっていたり…
どういう事なのかはよく解らないのですが…
日当たりの関係でもなく、花が咲くとこんな感じになるんです。
花を見る為の木の様で…実などを食べると云う事はないそうです。

他には
駒ヶ根市 中沢「すみよしや」
南木曽町 富貴畑高原
上田市の旧武石村(余里花桃の郷←よりはなもものさとと読むそうです)
佐久市 国道254号コスモス街道内山地区
小布施町 浄光寺薬師堂境内・小布施橋河川敷千曲川ふれあい公園

ちなみにネットで調べたはなもものデータですが…
科名 : バラ科サクラ属
分類 : 落葉小高木
開花期 : 3〜4月
原産国 : 中国
花言葉 : 人柄の良さ、恋のとりこ、あなたに夢中

だそうです。
品種は何種類かあるようですが…
そこまでは見分けられないので、ここに貼り付けた画像がどの品種かは解りません。
興味をもたれた方…
多分、今日行った、阿智村(旧清内路村)に行ってみるといいと思います。
G.W.辺り、もっとたくさん咲いていると思います。
今日はまだ、つぼみだったところ、花がまだ咲きかけ状態の場所もありましたが…
これからの気候次第でしょうが…
ちなみに、まだ、桜が咲いていました(笑)
今年は本当に遅いです。
旅行記…というには少々地味な記事ですが…
どんなもんでしょうか?

細々と、ランキングに参加中…。この記事を読んで、お気に召して頂いた方は、お手数ですが、バナーを一回クリックしてください。拍手ページは10ページほどの対談(2010/03/26更新)を用意しています。
にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ
にほんブログ村





拍手ボタン(携帯電話から接続されている方はこちらから拍手ページにお入り下さい)

Novel Rebellion イラスト投稿掲示板

※パスワードは『Amethyst』です。
アンケートのご協力のお願い

携帯電話からの接続の方はこちらから

アンケートを設置しました。アンケートのご協力、よろしくお願いします。
posted by 和泉綾 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2010年03月29日

突然の旅行記 今回は焼津です…

昨日…名古屋のコミックライブに行って、帰ってきて…
で、そのあと、自宅に荷物を取りに帰って、そのまま出発と云う…
和泉自身、
『自分の体力を考えろ!』
と云う強行軍…
しかし…このくらいこなせなければ…きっと、夏コミ…取れたとしても確実にどこかで倒れそうな気がしまして…
で、今から自分自身がどこまで頑張れるかを確かめて、でもって、これからどの程度頑張らなくてはいけないかを確認しようと思いまして…
今回は、相方の仕事の休みがぎりぎりまで解らず、実は、宿泊施設を予約したのも一昨日でした。
まぁ、日、月なんで満室…って事はないだろうと云う計算でした。
寝るだけなんで、シャワーを浴びる事が出来て、寝るところが確保されて、駐車場が困らなければいいよね…と云う条件だったので、割と安い宿泊場所を確保して…
で、出発した訳ですが…
和泉は車の運転が出来ないので、運転はすべて相方が担当…
こういうとき、免許がないと楽です。
普段の生活では不便ですけれど…
技術的には運転は出来るのですが、身体的事情により免許を返してしまっているので…
新たに免許取り直しと云うのはお金もかかるし、めんどくさいので…(身分証明書は一応あるんで免許証である必要はないので)
で、中央道、東海環状(MAGロード)、東名を走ってまずは宿を取った吉田まで高速道路で移動しまして…
その途中、牧之原のSAで少々早めの夕食を摂りまして…
まぁ、この時はお腹を満たせればよいと云う感じだったので、適当にレストランで、適当なメニューを注文してご飯を食べまして…
で、既に雨が降り始めていて、しかも、静岡なのに肌寒いときたもんだ…
名古屋のポートメッセも結構寒かったなぁ…と思いつつも、どうせ上着なんて必要ないと思いこんで…と云うか3月末の静岡の暖かさを知っていたのでホント、春の恰好で行ったのが…
裏切られましたよ…
雨が結構な降りで寒くなり…宿泊先の隣のコンビニで『部屋の中で一杯やるか…』と、ウィスキーの小瓶を一本買っておつまみ買って、あと、お茶とお水を買ってチェックイン…
その時、大体午後8時過ぎくらいだったでしょうか…
で、その後は、シャワーを浴びて二人で相方は水割、和泉はお湯割りでウィスキーを飲んで居ました。

朝、エアコンを弱めにしておいたら少々寒くて目が覚めて…
でも、時計を見るとけいかくしていた時間の15分前…
で、朝ご飯付きだったので、朝ご飯を食べて出発…
通勤時間帯を考えて、東名に乗って静岡へ…
そこから、久能山の石垣イチゴを目的に海岸線を走って行ったわけですが…
和泉たちが気に入っていたお店は…月曜日だったせいか…お休み…( ┰_┰) シクシク
で、観光バスが止まっている様な少々規模の大きめなお土産屋さんのあるいちご園に行く事に…
今回教訓がありました。
並んでいるいちご園の中でそれなりのお土産物を扱っているところとか、観光バスが止まれる駐車スペースのあるところは…サービスが一律なのであまり嬉しくない…と云う事…
いつもは、いちごしか置いていないような小さないちご園にお邪魔していて…少しお話しして、お願いすると、『商品にならない規格外のいちご(味は絶品)』をお買い物のおまけに付けてくれます。(正規品の値段は変わらないです)
規模の大きなところだと、純粋にいちごを買いに行くと云う点では面白くないと思います。
実際に、小さなところだとそうした規格外いちごを1パックおまけに付けてくれるところが殆どです。
まぁ、これは、規模の大きなところと、小さいところとの違いなので…
多分、ターゲットにしているお客さんが違うんだと思います。
で、今回和泉たちはちょっと間違ったいちご園に入ってしまった…と云う事で…

久能山のイチゴ


車の中で携帯の写メで撮ったので…結構光っているいちごになりました。
実際に見ても結構つやつやしていました。

で、次に向かったのは焼津のさかなセンター…
いつも行くお店があって、そこで、色々と値段交渉をして、ふりかけなどを購入…
で、相方は仕事先のお土産(今日は有給を頂いたそうです)を買って、和泉は鰹節とか、かま揚げしらすとか…
自分の欲しいものを買うために別行動へ…
で、飾ってあった…凄いものが…下の画像です。(結構迫力があるんで…隠した方がいいのかな…)



ひょっとしたら携帯電話からのアクセスだと見れないかもしれません。(見れなかったらごめんなさい)
見慣れている方、勇気のある方だけにした方がいいかと思いまして…隠してあります。
流石、マグロの町ですよね…
実際にマグロのかぶと焼きとか、マグロの目玉焼き(←ホントに目玉だけ焼いてある)などが普通に売られています。
マグロの目玉は確かに珍味とされていますし、和泉の妹などは小さいころから魚の大きな目玉をこのんでよく食べていました。
ゼラチン質で…それでもって、頭の働きを良くすると云うDHAが多く含まれていると云う事で注目されていますけれど…
流石に、苦手としている人は多そうですよね…
だから、DHAが入っているパンなんてものが売られるようになったのでしょうが…
ちなみに和泉は魚の目玉は食べません…
かぶと焼きは好きですけどね…
ほほ肉の部分なんてとてもおいしいです。
まぁ、見栄えのあまり好まれないものの中には美味しいものが結構あるって事で…

さかなセンターの中で少々休憩を取る事にしまして…
さかなセンターの外側にある出店で和泉はイカげその串焼きを、相方はホタテの串焼きを頼んで食していた訳ですが…
で、来るたびに色々と珍しいものが増えているさかなセンターの出店…
今回は…こんなものが…(買っていません)

もんじゃまんってなに?


この張り紙の下にあったのは『鰹まん』です。
どんなものだったのか…少々興味はあったのですが…
普段、朝ご飯を食べないのに、うっかり朝ご飯をがっつり食べていまして…
と云うか、相方がついていると必ず朝ご飯を食べるように言われてしまい…見張られてしまうので…朝ご飯、食べてしまい…
あまりお腹がすいていなかった…と云う事もあり…(それでも何かを買って食べるあたりが和泉です)
その後もさかなセンターの中で試食をしまくっていた訳ですが…
お昼近くになって余り混み合う時間になる前に…と、いつも通っているふりかけ屋さんのおじさんに教えて貰ったお店に行く事に…
いつもなら小川漁港(こがわぎょこうと読みます)に行って、漁師さんたち御用達のお店…に行っていたのですが…
テレビで紹介されてから、一般のお客さんで混み合うようになってしまい…
相当早くから行かないと行列になってしまう…それ以前に駐車場に車がおけないという事態になっていたので…
違うお店に行きたいと云う事で、紹介して頂いたのが、『与作鮨』と云う、焼津駅からそれほど離れていないお店…
そこで、『焼津おでん』と云うものを頂きました。

上に振ってあるのは青のりと鰹の粉


静岡おでんと云うと色の濃い汁の中に練りものや大根こんにゃくなどと一緒に黒はんぺん(イワシで作られたはんぺん)が入っていてそこに鰹の粉をかけて食べると云うものだったのですが…
今回頂いたおでんは、黒はんぺんがなかったような気がします。(おでんはセルフサービスで自分で好きなものを選んでくるスタイルでした)
その代わり、イカげそ串や豚の角煮、あと、珍しい鰹のへそ(鰹の心臓)を串に刺したものが入っていました。
ちなみにこの写真の黒い物体は鰹のへそです。
青のりを書けて食べるおでんと云うのは初めてだったのですが…
結構おいしかったです。
これは、自宅のおでんなどで試してみるといいかもしれません。
さかなセンターの青のりを打っているお店で見た、青のりの使い方の中に『おでん』と書かれていたので、『え?』と思ったのですが…
でも、地元では割とポピュラーなんですかね…
普通にからし、鰹の粉と一緒に青のりが置かれていました。

で、メインの方は…
相方は刺身が大好きなので…お鮨を選びました。

相方が選んだお鮨 地物十種盛り


和泉はお刺身がダメなので…

マグロの醤油焼き


まぐろのしょうゆ焼き定食と云うのを選びました。
元々、新鮮なものを使っていたらしく…臭みとかは一切ありませんでした。
ちなみに、おみそ汁は魚のあらの入ったお味噌汁でした。
でも、魚臭さとかはあまり感じない、上品なお味噌汁だったと思います。
観光客が集まってきてしまった小川漁港でしたけれど…
いいお店を紹介して頂いたので…次からはこちらでご飯…と云う事になりそうです。
大体、いつも焼津に来る目的と云うのは美味しいお魚を食べたい…と云う事なので…
今回はイチゴも入っていましたけれど…この時期以外に来る時にはお魚がメインです。
まぁ、今回もお魚がメインでしたけれど…
今回もお腹いっぱい食べました。

で、帰り…浜名湖のSAに寄ったのですが…
ずっと、写真に撮ろうと思って撮り損ねてきた…静岡県の珍しいラムネ…
和泉はビール以外の炭酸飲料を飲めないので、誰かに飲んで頂いてレポートして欲しいのですが…

珍しいラムネ1


珍しいラムネ2


あと、これは初めて見たのですが…
どなたか…飲んだ方はいらっしゃいませんか?

トマトサイダー


今回も食い倒れツアーだったのですが…
と云うのも、静岡県でも桜の花がまばらで感じで…
一部満開に近い気もあったのですが…まだ、五分咲きにもなっていない桜もあって…
きっと、日当たりの問題なのでしょうけれど…
なんだか、桜の花が満開になるのは…まだ先なのかな…
でも、今日は晴れたみたいで…(帰り途中、雨が降り始めて、最寄りのICの近くに来た時にはみぞれが降り始めてしまいましたが)
静岡県…暖かいですね…
帰ってきてまず思ったのが…
『やっぱり…寒い…』
でしたから…
少々風が強くて、やや肌寒かったのは事実ですが…車の中ではホント、軽くエアコンを入れている状態でしたし…
静岡県…
小さい頃には伊豆に遊びに行っていたし、今は焼津によく遊びに行っていて…
静岡県って、ホント遊びに行っていて楽しいです。
また、機会があったら…と云うか、また、行くでしょう…
その時、まだ、このブログがあったらまた、旅行記に書きたいと思います。
ここまで読んで下さった皆様、お疲れ様でした。

細々と、ランキングに参加中…。この記事を読んで、お気に召して頂いた方は、お手数ですが、バナーを一回クリックしてください。拍手ページは10ページほどの対談(2010/03/26更新)を用意しています。
にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ
にほんブログ村





拍手ボタン(携帯電話から接続されている方はこちらから拍手ページにお入り下さい)

Novel Rebellion イラスト投稿掲示板

※パスワードは『Amethyst』です。
アンケートのご協力のお願い

携帯電話からの接続の方はこちらから

アンケートを設置しました。アンケートのご協力、よろしくお願いします。
posted by 和泉綾 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

突然の旅行記 今回は焼津です…

昨日…名古屋のコミックライブに行って、帰ってきて…
で、そのあと、自宅に荷物を取りに帰って、そのまま出発と云う…
和泉自身、
『自分の体力を考えろ!』
と云う強行軍…
しかし…このくらいこなせなければ…きっと、夏コミ…取れたとしても確実にどこかで倒れそうな気がしまして…
で、今から自分自身がどこまで頑張れるかを確かめて、でもって、これからどの程度頑張らなくてはいけないかを確認しようと思いまして…
今回は、相方の仕事の休みがぎりぎりまで解らず、実は、宿泊施設を予約したのも一昨日でした。
まぁ、日、月なんで満室…って事はないだろうと云う計算でした。
寝るだけなんで、シャワーを浴びる事が出来て、寝るところが確保されて、駐車場が困らなければいいよね…と云う条件だったので、割と安い宿泊場所を確保して…
で、出発した訳ですが…
和泉は車の運転が出来ないので、運転はすべて相方が担当…
こういうとき、免許がないと楽です。
普段の生活では不便ですけれど…
技術的には運転は出来るのですが、身体的事情により免許を返してしまっているので…
新たに免許取り直しと云うのはお金もかかるし、めんどくさいので…(身分証明書は一応あるんで免許証である必要はないので)
で、中央道、東海環状(MAGロード)、東名を走ってまずは宿を取った吉田まで高速道路で移動しまして…
その途中、牧之原のSAで少々早めの夕食を摂りまして…
まぁ、この時はお腹を満たせればよいと云う感じだったので、適当にレストランで、適当なメニューを注文してご飯を食べまして…
で、既に雨が降り始めていて、しかも、静岡なのに肌寒いときたもんだ…
名古屋のポートメッセも結構寒かったなぁ…と思いつつも、どうせ上着なんて必要ないと思いこんで…と云うか3月末の静岡の暖かさを知っていたのでホント、春の恰好で行ったのが…
裏切られましたよ…
雨が結構な降りで寒くなり…宿泊先の隣のコンビニで『部屋の中で一杯やるか…』と、ウィスキーの小瓶を一本買っておつまみ買って、あと、お茶とお水を買ってチェックイン…
その時、大体午後8時過ぎくらいだったでしょうか…
で、その後は、シャワーを浴びて二人で相方は水割、和泉はお湯割りでウィスキーを飲んで居ました。

朝、エアコンを弱めにしておいたら少々寒くて目が覚めて…
でも、時計を見るとけいかくしていた時間の15分前…
で、朝ご飯付きだったので、朝ご飯を食べて出発…
通勤時間帯を考えて、東名に乗って静岡へ…
そこから、久能山の石垣イチゴを目的に海岸線を走って行ったわけですが…
和泉たちが気に入っていたお店は…月曜日だったせいか…お休み…( ┰_┰) シクシク
で、観光バスが止まっている様な少々規模の大きめなお土産屋さんのあるいちご園に行く事に…
今回教訓がありました。
並んでいるいちご園の中でそれなりのお土産物を扱っているところとか、観光バスが止まれる駐車スペースのあるところは…サービスが一律なのであまり嬉しくない…と云う事…
いつもは、いちごしか置いていないような小さないちご園にお邪魔していて…少しお話しして、お願いすると、『商品にならない規格外のいちご(味は絶品)』をお買い物のおまけに付けてくれます。(正規品の値段は変わらないです)
規模の大きなところだと、純粋にいちごを買いに行くと云う点では面白くないと思います。
実際に、小さなところだとそうした規格外いちごを1パックおまけに付けてくれるところが殆どです。
まぁ、これは、規模の大きなところと、小さいところとの違いなので…
多分、ターゲットにしているお客さんが違うんだと思います。
で、今回和泉たちはちょっと間違ったいちご園に入ってしまった…と云う事で…

久能山のイチゴ


車の中で携帯の写メで撮ったので…結構光っているいちごになりました。
実際に見ても結構つやつやしていました。

で、次に向かったのは焼津のさかなセンター…
いつも行くお店があって、そこで、色々と値段交渉をして、ふりかけなどを購入…
で、相方は仕事先のお土産(今日は有給を頂いたそうです)を買って、和泉は鰹節とか、かま揚げしらすとか…
自分の欲しいものを買うために別行動へ…
で、飾ってあった…凄いものが…下の画像です。(結構迫力があるんで…隠した方がいいのかな…)



ひょっとしたら携帯電話からのアクセスだと見れないかもしれません。(見れなかったらごめんなさい)
見慣れている方、勇気のある方だけにした方がいいかと思いまして…隠してあります。
流石、マグロの町ですよね…
実際にマグロのかぶと焼きとか、マグロの目玉焼き(←ホントに目玉だけ焼いてある)などが普通に売られています。
マグロの目玉は確かに珍味とされていますし、和泉の妹などは小さいころから魚の大きな目玉をこのんでよく食べていました。
ゼラチン質で…それでもって、頭の働きを良くすると云うDHAが多く含まれていると云う事で注目されていますけれど…
流石に、苦手としている人は多そうですよね…
だから、DHAが入っているパンなんてものが売られるようになったのでしょうが…
ちなみに和泉は魚の目玉は食べません…
かぶと焼きは好きですけどね…
ほほ肉の部分なんてとてもおいしいです。
まぁ、見栄えのあまり好まれないものの中には美味しいものが結構あるって事で…

さかなセンターの中で少々休憩を取る事にしまして…
さかなセンターの外側にある出店で和泉はイカげその串焼きを、相方はホタテの串焼きを頼んで食していた訳ですが…
で、来るたびに色々と珍しいものが増えているさかなセンターの出店…
今回は…こんなものが…(買っていません)

もんじゃまんってなに?


この張り紙の下にあったのは『鰹まん』です。
どんなものだったのか…少々興味はあったのですが…
普段、朝ご飯を食べないのに、うっかり朝ご飯をがっつり食べていまして…
と云うか、相方がついていると必ず朝ご飯を食べるように言われてしまい…見張られてしまうので…朝ご飯、食べてしまい…
あまりお腹がすいていなかった…と云う事もあり…(それでも何かを買って食べるあたりが和泉です)
その後もさかなセンターの中で試食をしまくっていた訳ですが…
お昼近くになって余り混み合う時間になる前に…と、いつも通っているふりかけ屋さんのおじさんに教えて貰ったお店に行く事に…
いつもなら小川漁港(こがわぎょこうと読みます)に行って、漁師さんたち御用達のお店…に行っていたのですが…
テレビで紹介されてから、一般のお客さんで混み合うようになってしまい…
相当早くから行かないと行列になってしまう…それ以前に駐車場に車がおけないという事態になっていたので…
違うお店に行きたいと云う事で、紹介して頂いたのが、『与作鮨』と云う、焼津駅からそれほど離れていないお店…
そこで、『焼津おでん』と云うものを頂きました。

上に振ってあるのは青のりと鰹の粉


静岡おでんと云うと色の濃い汁の中に練りものや大根こんにゃくなどと一緒に黒はんぺん(イワシで作られたはんぺん)が入っていてそこに鰹の粉をかけて食べると云うものだったのですが…
今回頂いたおでんは、黒はんぺんがなかったような気がします。(おでんはセルフサービスで自分で好きなものを選んでくるスタイルでした)
その代わり、イカげそ串や豚の角煮、あと、珍しい鰹のへそ(鰹の心臓)を串に刺したものが入っていました。
ちなみにこの写真の黒い物体は鰹のへそです。
青のりを書けて食べるおでんと云うのは初めてだったのですが…
結構おいしかったです。
これは、自宅のおでんなどで試してみるといいかもしれません。
さかなセンターの青のりを打っているお店で見た、青のりの使い方の中に『おでん』と書かれていたので、『え?』と思ったのですが…
でも、地元では割とポピュラーなんですかね…
普通にからし、鰹の粉と一緒に青のりが置かれていました。

で、メインの方は…
相方は刺身が大好きなので…お鮨を選びました。

相方が選んだお鮨 地物十種盛り


和泉はお刺身がダメなので…

マグロの醤油焼き


まぐろのしょうゆ焼き定食と云うのを選びました。
元々、新鮮なものを使っていたらしく…臭みとかは一切ありませんでした。
ちなみに、おみそ汁は魚のあらの入ったお味噌汁でした。
でも、魚臭さとかはあまり感じない、上品なお味噌汁だったと思います。
観光客が集まってきてしまった小川漁港でしたけれど…
いいお店を紹介して頂いたので…次からはこちらでご飯…と云う事になりそうです。
大体、いつも焼津に来る目的と云うのは美味しいお魚を食べたい…と云う事なので…
今回はイチゴも入っていましたけれど…この時期以外に来る時にはお魚がメインです。
まぁ、今回もお魚がメインでしたけれど…
今回もお腹いっぱい食べました。

で、帰り…浜名湖のSAに寄ったのですが…
ずっと、写真に撮ろうと思って撮り損ねてきた…静岡県の珍しいラムネ…
和泉はビール以外の炭酸飲料を飲めないので、誰かに飲んで頂いてレポートして欲しいのですが…

珍しいラムネ1


珍しいラムネ2


あと、これは初めて見たのですが…
どなたか…飲んだ方はいらっしゃいませんか?

トマトサイダー


今回も食い倒れツアーだったのですが…
と云うのも、静岡県でも桜の花がまばらで感じで…
一部満開に近い気もあったのですが…まだ、五分咲きにもなっていない桜もあって…
きっと、日当たりの問題なのでしょうけれど…
なんだか、桜の花が満開になるのは…まだ先なのかな…
でも、今日は晴れたみたいで…(帰り途中、雨が降り始めて、最寄りのICの近くに来た時にはみぞれが降り始めてしまいましたが)
静岡県…暖かいですね…
帰ってきてまず思ったのが…
『やっぱり…寒い…』
でしたから…
少々風が強くて、やや肌寒かったのは事実ですが…車の中ではホント、軽くエアコンを入れている状態でしたし…
静岡県…
小さい頃には伊豆に遊びに行っていたし、今は焼津によく遊びに行っていて…
静岡県って、ホント遊びに行っていて楽しいです。
また、機会があったら…と云うか、また、行くでしょう…
その時、まだ、このブログがあったらまた、旅行記に書きたいと思います。
ここまで読んで下さった皆様、お疲れ様でした。

細々と、ランキングに参加中…。この記事を読んで、お気に召して頂いた方は、お手数ですが、バナーを一回クリックしてください。拍手ページは10ページほどの対談(2010/03/26更新)を用意しています。
にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ
にほんブログ村





拍手ボタン(携帯電話から接続されている方はこちらから拍手ページにお入り下さい)

Novel Rebellion イラスト投稿掲示板

※パスワードは『Amethyst』です。
アンケートのご協力のお願い

携帯電話からの接続の方はこちらから

アンケートを設置しました。アンケートのご協力、よろしくお願いします。
posted by 和泉綾 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2009年12月28日

鳥羽ミニ旅行記

 こんにちは(というか、更新記事を書いている時間は既に『こんばんは』な時間ですが)、和泉綾です。
何日か前の『Blog Pet(今日のテーマ)』でちょこっと書いたんですが、昨日、今日にかけて鳥羽に行ってきました。
とはいっても、昨日の夕方出発したので、予約しておいた鳥羽のビジネスホテルに着いたのは20:00近かったのですが…
道中、連れと一緒にSAでげその串焼きやまる天(三重県の名物でいろんな種類の練りもの)を食べたりしていて…普段間食をしない和泉は中々派手な食べ方をしていた訳なのですが…
まぁ、旅行に行くとヘンな食べ方をして、帰ってきてから大変な事になる…という事を解っていながら、同じ事を繰り返していると云う…そんな始まり方でしたが…
『御在所SA(下り)』の露店で売られていた『海鮮串焼き』の中のひとつだったのですが…
和泉、実は、エビもかにも貝も嫌いで食べないんです。
で、連れが和泉の好き嫌いに気を使って(あと値段的なものもあったと思われますが)げその串焼きを買ってきてくれまして…和泉はまる天の『かきあげ』を買ってきて食べていました。
その時の時間、既に、午後6時過ぎくらいで…
おやつにはなかなかヘビーな時間でしたが…『お昼ごはんが早めだったので、まぁいいか…』という、突っ込みどころ満載な適当な理由づけで本能に負けた事を認めずに食した訳です。
で、和泉は連れが買ってきたげその串焼きが気に入りました。
というのも、イカげそ…めちゃくちゃ太いげそで…で、周囲は炭焼きで醤油のお焦げなどがあって、中身は柔らかいイカの感触の楽しめるものでした。
これは…食べていてビールが飲みたくなるような串焼きでした。
まる天の方は、まぁ、魚のすり身を固めてあげたもの…なのですが、そのすり身の中に色々な具の入っているものを、蒸して温めた者を串に刺したものを頂いた訳ですが…
野菜がたくさん入っているとのことで買ったのですが…ジャガイモの割合が多くて、どこを食べてもジャガイモに当たると云うものでした。
ジャガイモの苦手な人はちょっとつらいかもしれません。
一応、売られているものはそのまま食べるものでしたが、おやつならそのままでもいいですけれど、おつまみとかおかずとしたい時にはもう一味あった方がいいのかな…という感じでした。
まぁ、そんな形で売られているものなので、おやつとして売っているものなのですけれどね…

で、午後8時近くに鳥羽のビジネスホテルに着いて、フロントの受け付けのおじさんに美味しいお店を聞いて、近所の飲み屋さんに行きました。
連れの方は車の運転があったので、飲まなかったのですが、和泉は連れのお許しを頂いて、ビールを頂きました。

中生とお通し


ここで頼んだのは、刺身の盛り合わせ、メバルの煮付け、パリパリ大根サラダ(春雨を油で揚げたものをトッピングして胡麻ドレッシングをかけたサラダ)、串焼き盛り合わせ、〆に和泉は梅茶漬け、連れはうな茶漬けを注文しました。
ここで問題なのは、連れは火を通したお魚がきらい、和泉はお刺身がダメ…という事でした。
だから、魚関連のメニューは別々でした。
感動したのは、メバルの煮付け…
ビールを飲んでいたのですが、日本酒にしときゃよかったと後悔したほどです。(日本酒の種類が少なくて、辛口のすっきり系の日本酒がなかった事でビールにしました)
これは…多分、熱燗と一緒に…という感じでした。
多分、これはご飯と一緒でもおいしいです。
鳥羽に来たら、メバルやキンメはおいしいです。
今回はキンメを食べる事が出来なかったのですが…
公共の交通機関はJRと近鉄が入っているんですけれど…近鉄の方がはるかに便利です。
今回のお店は『天びん屋』というお店だったのですが、鳥羽駅の近くに泊まっていれば結構、旅館やお土産屋さんが並んでいるところなので、便利だと思います。
ただ、今回和泉が泊まった素泊まりのビジネスホテルは…あったかなぁ…
元々、鳥羽は小さな町ですし、ビジネスマンがそう多く来る…といった感じでもないので、旅館で宿泊の場合、旅館でも美味しいお魚は食べる事が出来ますけれどね…
今回、ぎりぎりになって『じゃ●ん』で申し込んだのですが…『○ゃらん』でも低予算で駅周辺の宿泊施設を探す事が出来なくて…
まぁ、次、一緒に来られる時にはタクシーを使おうと云う事で話は落ち着きました。(ホントに美味しかったので、連れが結構悔しがっていました)

で、今日ですが…
鳥羽水族館に行ってきました。
月曜日なのに営業している…日月で旅行しようと思う人にはとても有難い水族館です。(普通、博物館とか、美術館、水族館って月曜日お休みのところが多いんです)
元々、ここは面白い事をやっている水族館で、好きなんです。
かつては…ペリカンのお散歩とか、飼育係のお兄さんがマンツーマンでお話してくれていた程、人が少なかったのですが…
最近では評判を聞いて、観客席が出来ていて…
で、ペンギンのお散歩も特にロープを張る事もなく、見ている方が近づきすぎなければ好きな場所で見る事が出来たのに…これもまた、評判になって、境界線が設けられて、人の壁の中をペンギンたちが歩いていくと云う形になってしまいました…
和泉が初めて鳥羽水族館に行ったころには…それこそ、知る人ぞ知る…的なものだったのに…
まぁ、あんまり閑散としていてもこれまた困っちゃうのですが…
で、ラッコのご飯の時間とかもあって、田舎の水族館ながら、なかなか楽しい事をしている水族館です。
まぁ、ラッコはじっとしていてくれないので、写真を撮ったのですが、ぶれてしまってちょっと公開出来る代物じゃなくて…
とりあえず、何枚か写真をご紹介したいと思います。

入口にある水槽
入ってすぐにある水槽の様子。二つあるうちの明るい方です。


クロイワイルカ
まったくもってじっとしていないクロイワイルカくんたち


いっつあぺんぐいん!
手を伸ばすとつつかれる場所にいるペンギンくんたち


結構きれいだったので…
きれいだと思うとつい撮ってしまいまして…。しかし…フラッシュたくお客さんが多いのはなぜでしょうか?ときどき、どう見ても悪意を持ってフラッシュをたいている人がいたりして…そう云うのを見ると悲しくなります。


他にも写真があるんですけれど…
まぁ、ちょっと、バッテリーの関係でショボデジカメと携帯電話しかなくって…
元々上手じゃない写真撮影が更に…という事で、思ったような写真があまり撮れていなくて残念です。
鳥羽水族館、どうやら、以前ほどマニアックではなくなってきたらしく…家族連れが押し寄せてきたので、早めに切り上げました。
とりあえず、目的だったラッコのお食事は見る事が出来ましたし…
で、何度も見ているので、どこを陣取ればいい感じに見られるか解っていたので、和泉の腰くらいの身長しかないお子ちゃまたち差し置いて、特等席で見ていました♪
写真を撮ったんですが…ラッコくんたちはとにかく、じっとしていないので、和泉の腕ではとても公開できるような写真にならなかったので、今回は公開を断念しました。
まぁ、一度行ってみると、ラッコたちのご飯…中々面白いですよ…。
大きな水族館ほど人が押し寄せている事もありませんので…

水族館を出て、少し早い時間だったのですが、水族館のお客さんの状況を見て、早めにお昼ごはんを食べる事にしました。
で、去年の12月に出来たばかりという漁協のお土産屋さんがありまして…で、地元の人気番組でも取り上げられたお店だったので、そこでお昼ごはんと頂きました。
で、和泉はしらす丼、連れは刺身の盛り合わせにご飯とお味噌汁をつけたものを注文しました。(こんなことなら、ちゃんと定食になっていればいいのに…と二人で話していましたが…)
で、連れの方のご飯は和泉の方では写真を撮っていなかったので、しらす丼だけ…

シラス丼
箸袋の『魚々味』は『ととみ』と読むそうです。


このしらす丼、美味しかったです。
朝ご飯もビジネスホテルの朝食をがっつり食べていたのに、早めのお昼でこの丼を平らげました。
はぁ…この食べ方を見て、恐らく、読みに来て下さっている皆さんの和泉の凄い食べ方に驚かれている事でしょう。
和泉は…食べる時は食べます。
ハイ…
食べない時はホントに食べませんが…
しかし…そろそろ、自分の肉付きに気を遣わなくてはならない気がしているのですが…
和泉をリアルで見ている人たちはご存じだと思いますが…とっても残念な体型しているので…( ┰_┰) シクシク
それでもまだまだ続きます…今回の食い倒れツアー…

その後、いつも利用しているお魚屋さんに行って、色々お土産を買いました。
クール宅急便で送ったり、連れが持ってきたアイスボックスに入れたりしていた訳ですが…
そこで試食用の干物を頂くのですが…
いつもはお昼ごはんを食べる前に行くんですけれど…
今回はがっつりご飯を食べた後なので、鰯の干物を一匹頂いただけでした。(←それでも食べる)
で、お土産屋さんを後にして、その後、二見シーパラダイスに併設されているお土産屋さんに行きました。
そこでは、乾物とか佃煮などの珍味を購入して…
で、一時期、製造年月日偽装で騒ぎになっていた『赤福』を頂きました。

赤福
上が赤福ぜんざい、下が赤福です。ほうじ茶がおいしいです…


やっぱり、あれだけの騒ぎになっても『赤福』って人気なんですね…
和泉たちが入って行った時には、小さなおこちゃま連れの家族だけしかいなかったのに和泉たちの注文が来た頃には続々とお客さんたちが入ってきました。
ホントに今日はタイミングが良かったです。
お昼ごはんの時も、和泉たちが早めに入ったと云う事もあったのでしょうが、誰もいなくて…
で、和泉たちが食べ始めたころに続々とお客さんが入ってきて…
今回、雨が降っていても移動時間で、お店に入っても和泉たちは結構タイミングが良くて…
まぁ、移動中、それなりに雨は降っていたし、行きの時、SAでは雨にあたったりもしましたけれどね…
ちなみに、サンマの干物を買ったお店では、試食した和泉がうっかり『お酒飲みたぁぁ〜〜い♪』などと云ったおかげで、おばさんが丸干しのサンマを頭だけとって一匹『車の中で食べな!』とくれました。
おまけに袋の中を確認したら、勝ったのは11匹(2種類買って片方は5匹、片方は6匹でした)のはずなのに、13匹入っていました…
おばちゃん!
有難う!

で、伊勢ICから伊勢自動車道に乗り…とあるIC名に少し、思考が止まりました。
何度か通っていたはずなのに…なぜ気づかなかったのか…
『玉城IC』というICがありました。
読み方も『たまき』です。
興味のある方はぜひ、伊勢自動車道を走ってみてはいかがでしょう?
走ったからと云って、その看板を見る事くらいしかできませんけれど…(笑)

で、安濃SAで休憩して…
テレビで見て、ちょっぴり気になっていた『津ぎょうざ』…(←まだ食うか!)
うっかり買ってしまいましたが…和泉も連れも結構食べまくった後でしたので、一つを半分こと云う事にしました…

1個260円の『津ぎょうざ』
持っている手は和泉の手です。デカイ揚げ餃子…


おやつですね…これは…
揚げてあったので、結構腹の中に色々入っていた和泉には結構重かったです。
ご飯をがっつり食べて、試食もしまくれば…そりゃあねぇ…ヾ(▽^;)ゞうへへ
とにかくよく食べましたわ…

で、最後に伊勢湾岸道路に入り、長島のアウトレット(ジャズドリーム長島)に行って、バッグを買いました。
連れとは別行動だったんですが…
ダンジョンマップも持たないまま歩いていたら、連れがメールで『○×の前のベンチに腰掛けている』と来たのですが…
その『○×』の場所を探したのですが、1時間くらい歩いても見つからず…
で、ふらふら状態で…やっと見つけて、くたくたになっていたので、フードコートに行って、ケーキセット(まだ食う!?)を頂きました。
バッグを買って、『GODIVA』のチョコレートを買って帰ってきました。

いやぁ…とにかく食べました…
『GODIVA』のチョコレートもアウトレット価格ってあるんですね…
今年最後の旅行は食べまくりツアーでした。
去年は渥美半島にフグを食べに行っていましたけれど…
今年最後に、自分自身に『お疲れさま…』って事で…
今年は去年ほどお金が使えなかったので、去年ほど豪勢に…と云う訳にはいきませんでしたが…金額は関係なく、美味しいものはおいしいです!
皆さんも、お休みでちょこっと時間とお金の余裕のある時には、ちょっとだけ、ドライブ気分で遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

細々と、ランキングに参加中…。この記事を読んで、お気に召して頂いた方は、お手数ですが、バナーを一回クリックしてください。拍手ページは10ページほどの対談(2009/11/29更新)を用意しています。
にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ






web拍手を送る
(携帯電話から接続されている方はこちらから拍手ページにお入り下さい)


アンケートのご協力のお願い

携帯電話からの接続の方はこちらから

アンケートを設置しました。アンケートのご協力、よろしくお願いします。
posted by 和泉綾 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

鳥羽ミニ旅行記

 こんにちは(というか、更新記事を書いている時間は既に『こんばんは』な時間ですが)、和泉綾です。
何日か前の『Blog Pet(今日のテーマ)』でちょこっと書いたんですが、昨日、今日にかけて鳥羽に行ってきました。
とはいっても、昨日の夕方出発したので、予約しておいた鳥羽のビジネスホテルに着いたのは20:00近かったのですが…
道中、連れと一緒にSAでげその串焼きやまる天(三重県の名物でいろんな種類の練りもの)を食べたりしていて…普段間食をしない和泉は中々派手な食べ方をしていた訳なのですが…
まぁ、旅行に行くとヘンな食べ方をして、帰ってきてから大変な事になる…という事を解っていながら、同じ事を繰り返していると云う…そんな始まり方でしたが…
『御在所SA(下り)』の露店で売られていた『海鮮串焼き』の中のひとつだったのですが…
和泉、実は、エビもかにも貝も嫌いで食べないんです。
で、連れが和泉の好き嫌いに気を使って(あと値段的なものもあったと思われますが)げその串焼きを買ってきてくれまして…和泉はまる天の『かきあげ』を買ってきて食べていました。
その時の時間、既に、午後6時過ぎくらいで…
おやつにはなかなかヘビーな時間でしたが…『お昼ごはんが早めだったので、まぁいいか…』という、突っ込みどころ満載な適当な理由づけで本能に負けた事を認めずに食した訳です。
で、和泉は連れが買ってきたげその串焼きが気に入りました。
というのも、イカげそ…めちゃくちゃ太いげそで…で、周囲は炭焼きで醤油のお焦げなどがあって、中身は柔らかいイカの感触の楽しめるものでした。
これは…食べていてビールが飲みたくなるような串焼きでした。
まる天の方は、まぁ、魚のすり身を固めてあげたもの…なのですが、そのすり身の中に色々な具の入っているものを、蒸して温めた者を串に刺したものを頂いた訳ですが…
野菜がたくさん入っているとのことで買ったのですが…ジャガイモの割合が多くて、どこを食べてもジャガイモに当たると云うものでした。
ジャガイモの苦手な人はちょっとつらいかもしれません。
一応、売られているものはそのまま食べるものでしたが、おやつならそのままでもいいですけれど、おつまみとかおかずとしたい時にはもう一味あった方がいいのかな…という感じでした。
まぁ、そんな形で売られているものなので、おやつとして売っているものなのですけれどね…

で、午後8時近くに鳥羽のビジネスホテルに着いて、フロントの受け付けのおじさんに美味しいお店を聞いて、近所の飲み屋さんに行きました。
連れの方は車の運転があったので、飲まなかったのですが、和泉は連れのお許しを頂いて、ビールを頂きました。

中生とお通し


ここで頼んだのは、刺身の盛り合わせ、メバルの煮付け、パリパリ大根サラダ(春雨を油で揚げたものをトッピングして胡麻ドレッシングをかけたサラダ)、串焼き盛り合わせ、〆に和泉は梅茶漬け、連れはうな茶漬けを注文しました。
ここで問題なのは、連れは火を通したお魚がきらい、和泉はお刺身がダメ…という事でした。
だから、魚関連のメニューは別々でした。
感動したのは、メバルの煮付け…
ビールを飲んでいたのですが、日本酒にしときゃよかったと後悔したほどです。(日本酒の種類が少なくて、辛口のすっきり系の日本酒がなかった事でビールにしました)
これは…多分、熱燗と一緒に…という感じでした。
多分、これはご飯と一緒でもおいしいです。
鳥羽に来たら、メバルやキンメはおいしいです。
今回はキンメを食べる事が出来なかったのですが…
公共の交通機関はJRと近鉄が入っているんですけれど…近鉄の方がはるかに便利です。
今回のお店は『天びん屋』というお店だったのですが、鳥羽駅の近くに泊まっていれば結構、旅館やお土産屋さんが並んでいるところなので、便利だと思います。
ただ、今回和泉が泊まった素泊まりのビジネスホテルは…あったかなぁ…
元々、鳥羽は小さな町ですし、ビジネスマンがそう多く来る…といった感じでもないので、旅館で宿泊の場合、旅館でも美味しいお魚は食べる事が出来ますけれどね…
今回、ぎりぎりになって『じゃ●ん』で申し込んだのですが…『○ゃらん』でも低予算で駅周辺の宿泊施設を探す事が出来なくて…
まぁ、次、一緒に来られる時にはタクシーを使おうと云う事で話は落ち着きました。(ホントに美味しかったので、連れが結構悔しがっていました)

で、今日ですが…
鳥羽水族館に行ってきました。
月曜日なのに営業している…日月で旅行しようと思う人にはとても有難い水族館です。(普通、博物館とか、美術館、水族館って月曜日お休みのところが多いんです)
元々、ここは面白い事をやっている水族館で、好きなんです。
かつては…ペリカンのお散歩とか、飼育係のお兄さんがマンツーマンでお話してくれていた程、人が少なかったのですが…
最近では評判を聞いて、観客席が出来ていて…
で、ペンギンのお散歩も特にロープを張る事もなく、見ている方が近づきすぎなければ好きな場所で見る事が出来たのに…これもまた、評判になって、境界線が設けられて、人の壁の中をペンギンたちが歩いていくと云う形になってしまいました…
和泉が初めて鳥羽水族館に行ったころには…それこそ、知る人ぞ知る…的なものだったのに…
まぁ、あんまり閑散としていてもこれまた困っちゃうのですが…
で、ラッコのご飯の時間とかもあって、田舎の水族館ながら、なかなか楽しい事をしている水族館です。
まぁ、ラッコはじっとしていてくれないので、写真を撮ったのですが、ぶれてしまってちょっと公開出来る代物じゃなくて…
とりあえず、何枚か写真をご紹介したいと思います。

入口にある水槽
入ってすぐにある水槽の様子。二つあるうちの明るい方です。


クロイワイルカ
まったくもってじっとしていないクロイワイルカくんたち


いっつあぺんぐいん!
手を伸ばすとつつかれる場所にいるペンギンくんたち


結構きれいだったので…
きれいだと思うとつい撮ってしまいまして…。しかし…フラッシュたくお客さんが多いのはなぜでしょうか?ときどき、どう見ても悪意を持ってフラッシュをたいている人がいたりして…そう云うのを見ると悲しくなります。


他にも写真があるんですけれど…
まぁ、ちょっと、バッテリーの関係でショボデジカメと携帯電話しかなくって…
元々上手じゃない写真撮影が更に…という事で、思ったような写真があまり撮れていなくて残念です。
鳥羽水族館、どうやら、以前ほどマニアックではなくなってきたらしく…家族連れが押し寄せてきたので、早めに切り上げました。
とりあえず、目的だったラッコのお食事は見る事が出来ましたし…
で、何度も見ているので、どこを陣取ればいい感じに見られるか解っていたので、和泉の腰くらいの身長しかないお子ちゃまたち差し置いて、特等席で見ていました♪
写真を撮ったんですが…ラッコくんたちはとにかく、じっとしていないので、和泉の腕ではとても公開できるような写真にならなかったので、今回は公開を断念しました。
まぁ、一度行ってみると、ラッコたちのご飯…中々面白いですよ…。
大きな水族館ほど人が押し寄せている事もありませんので…

水族館を出て、少し早い時間だったのですが、水族館のお客さんの状況を見て、早めにお昼ごはんを食べる事にしました。
で、去年の12月に出来たばかりという漁協のお土産屋さんがありまして…で、地元の人気番組でも取り上げられたお店だったので、そこでお昼ごはんと頂きました。
で、和泉はしらす丼、連れは刺身の盛り合わせにご飯とお味噌汁をつけたものを注文しました。(こんなことなら、ちゃんと定食になっていればいいのに…と二人で話していましたが…)
で、連れの方のご飯は和泉の方では写真を撮っていなかったので、しらす丼だけ…

シラス丼
箸袋の『魚々味』は『ととみ』と読むそうです。


このしらす丼、美味しかったです。
朝ご飯もビジネスホテルの朝食をがっつり食べていたのに、早めのお昼でこの丼を平らげました。
はぁ…この食べ方を見て、恐らく、読みに来て下さっている皆さんの和泉の凄い食べ方に驚かれている事でしょう。
和泉は…食べる時は食べます。
ハイ…
食べない時はホントに食べませんが…
しかし…そろそろ、自分の肉付きに気を遣わなくてはならない気がしているのですが…
和泉をリアルで見ている人たちはご存じだと思いますが…とっても残念な体型しているので…( ┰_┰) シクシク
それでもまだまだ続きます…今回の食い倒れツアー…

その後、いつも利用しているお魚屋さんに行って、色々お土産を買いました。
クール宅急便で送ったり、連れが持ってきたアイスボックスに入れたりしていた訳ですが…
そこで試食用の干物を頂くのですが…
いつもはお昼ごはんを食べる前に行くんですけれど…
今回はがっつりご飯を食べた後なので、鰯の干物を一匹頂いただけでした。(←それでも食べる)
で、お土産屋さんを後にして、その後、二見シーパラダイスに併設されているお土産屋さんに行きました。
そこでは、乾物とか佃煮などの珍味を購入して…
で、一時期、製造年月日偽装で騒ぎになっていた『赤福』を頂きました。

赤福
上が赤福ぜんざい、下が赤福です。ほうじ茶がおいしいです…


やっぱり、あれだけの騒ぎになっても『赤福』って人気なんですね…
和泉たちが入って行った時には、小さなおこちゃま連れの家族だけしかいなかったのに和泉たちの注文が来た頃には続々とお客さんたちが入ってきました。
ホントに今日はタイミングが良かったです。
お昼ごはんの時も、和泉たちが早めに入ったと云う事もあったのでしょうが、誰もいなくて…
で、和泉たちが食べ始めたころに続々とお客さんが入ってきて…
今回、雨が降っていても移動時間で、お店に入っても和泉たちは結構タイミングが良くて…
まぁ、移動中、それなりに雨は降っていたし、行きの時、SAでは雨にあたったりもしましたけれどね…
ちなみに、サンマの干物を買ったお店では、試食した和泉がうっかり『お酒飲みたぁぁ〜〜い♪』などと云ったおかげで、おばさんが丸干しのサンマを頭だけとって一匹『車の中で食べな!』とくれました。
おまけに袋の中を確認したら、勝ったのは11匹(2種類買って片方は5匹、片方は6匹でした)のはずなのに、13匹入っていました…
おばちゃん!
有難う!

で、伊勢ICから伊勢自動車道に乗り…とあるIC名に少し、思考が止まりました。
何度か通っていたはずなのに…なぜ気づかなかったのか…
『玉城IC』というICがありました。
読み方も『たまき』です。
興味のある方はぜひ、伊勢自動車道を走ってみてはいかがでしょう?
走ったからと云って、その看板を見る事くらいしかできませんけれど…(笑)

で、安濃SAで休憩して…
テレビで見て、ちょっぴり気になっていた『津ぎょうざ』…(←まだ食うか!)
うっかり買ってしまいましたが…和泉も連れも結構食べまくった後でしたので、一つを半分こと云う事にしました…

1個260円の『津ぎょうざ』
持っている手は和泉の手です。デカイ揚げ餃子…


おやつですね…これは…
揚げてあったので、結構腹の中に色々入っていた和泉には結構重かったです。
ご飯をがっつり食べて、試食もしまくれば…そりゃあねぇ…ヾ(▽^;)ゞうへへ
とにかくよく食べましたわ…

で、最後に伊勢湾岸道路に入り、長島のアウトレット(ジャズドリーム長島)に行って、バッグを買いました。
連れとは別行動だったんですが…
ダンジョンマップも持たないまま歩いていたら、連れがメールで『○×の前のベンチに腰掛けている』と来たのですが…
その『○×』の場所を探したのですが、1時間くらい歩いても見つからず…
で、ふらふら状態で…やっと見つけて、くたくたになっていたので、フードコートに行って、ケーキセット(まだ食う!?)を頂きました。
バッグを買って、『GODIVA』のチョコレートを買って帰ってきました。

いやぁ…とにかく食べました…
『GODIVA』のチョコレートもアウトレット価格ってあるんですね…
今年最後の旅行は食べまくりツアーでした。
去年は渥美半島にフグを食べに行っていましたけれど…
今年最後に、自分自身に『お疲れさま…』って事で…
今年は去年ほどお金が使えなかったので、去年ほど豪勢に…と云う訳にはいきませんでしたが…金額は関係なく、美味しいものはおいしいです!
皆さんも、お休みでちょこっと時間とお金の余裕のある時には、ちょっとだけ、ドライブ気分で遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

細々と、ランキングに参加中…。この記事を読んで、お気に召して頂いた方は、お手数ですが、バナーを一回クリックしてください。拍手ページは10ページほどの対談(2009/11/29更新)を用意しています。
にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ






web拍手を送る
(携帯電話から接続されている方はこちらから拍手ページにお入り下さい)


アンケートのご協力のお願い

携帯電話からの接続の方はこちらから

アンケートを設置しました。アンケートのご協力、よろしくお願いします。
posted by 和泉綾 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2009年11月24日

京都旅行記(Part.3)

3日目(11/23)

 いよいよ最終日です。
帰りの事もあったので、この日は醍醐寺と三井寺です。
あ、ちなみに、三井寺は滋賀県で京都府じゃないし、三井寺は通称で正式には園城寺(西国十四番札所)と云います。
まぁ、行った順に書いていきますので、三井寺に関してはまた後ほど…

 最初に行ったのは醍醐寺…
皆様も名前くらいは知っているでしょう…
豊臣秀吉が花見して、コスプレ大会したところです…
ここは一度、桜の時期にも来たんですが…とにかく広いし、桜も見事です。
で、今回は紅葉の時期だった訳ですが…
とりあえず、百聞は一見に如かず…
デジカメ画像なんですが…ごらんください…

醍醐寺1


2


醍醐寺3


桜は広葉樹ですから…桜が見事なら、紅葉もきれいである事は解りますね…
ホントにきれいです。
山科の駅からバスが出ているんですけど…住宅街の細い道を抜けてここに来るし、とにかく広いし、バリアフリーはないので、花見の時期にはカメラを持った人たちがいっぱい来ているんですけどね…この時期はあの桜の時期ほど人はいませんでした。
まぁ、広いんで、多少人が集中しても意外と平気…なんでしょうかね?
確かに天龍寺も広いんですが…恐ろしい程の行列が出来るのは…この目で見てきているので…
醍醐寺はお散歩するにはいいコースですが…
とにかく広いんで、まだ、奥醍醐まで行ったことないんですが…

あと、桜とか有名ですけど…ここには大きな五重塔があります。
それが下の画像です。

醍醐寺 五重塔


後は、醍醐三宝院と醍醐寺霊宝殿に行ってきました…
えっと…ここで…三宝院で…和泉は…とんでもない事に気づいたんです…
と云うか、その現実を見せられました…
三宝院では鴬張りの床を使っているんですが…和泉…床を踏んでも床を踏んだ音はしても鴬張りの『キュッキュッ』と云う音がしなかったんです…Σ( ̄◇ ̄;;;;
なんで?
他の人が歩くと、大きい、小さいの違いはあるものの…鴬張りの足音がしていたんです…
近くを歩いていた観光客の方は、『あなたの体重が軽すぎるのよ…』なんて言ってくれましたけど…
うんな訳あるかぁぁぁ!
次に行った時は必ず鳴らして見せます!

 最後は三井寺です。
正式名園城寺…又の名を『不死身寺』…
何度か時の権力者によってお寺そのものが焼かれたり、寺籍をはく奪されていると云う、まぁ、比叡山も近く、比叡山とも相容れなかったお寺だったりして…(ここは天台宗
確かに琵琶湖のほとりですし、秀吉が長浜に城を構えていて、一向一揆がおさまった後も秀吉が目を光らせない訳もなく、また、秀吉が天下を取った時に寺院などを淘汰しているんですが、その際に寺籍もはく奪されていて、秀吉の死ぬ間際に回復しているそうです。
中々大変な運命を辿っているにもかかわらず…宝物殿には…沢山の仏像が!
今年大河ドラマですっかり有名になった毘沙門天も愛染明王もおいでになりました。
また、閻魔様とか、お地蔵さん(←このお地蔵さん…なんか知らないけどすっごい美人さんでした)とか…そんな、歴史の中で色々な事に巻き込まれているお寺だと云うのに残っているものが多い事で…
で、31年ぶりのご本尊、『観世音菩薩』の御開帳もありました。
これまた山の上で…
本殿の前は展望台みたいになっていて琵琶湖が見えました。
ただ、いろんなビルが乱立していて、写真に収める事は出来ませんでしたが…

三井寺の正式名称


紅葉は見事でした。
醍醐寺の時には曇っていて、少々暗かったんですけれど、三井寺では青空が見えていまして…
あの光のコントラストは、肉眼でなければ見れないと思うのですが…
一応、1枚張っておきますね。

三井寺


 やっぱり、京都は素敵ですね…
心を洗われる気がします…人がいっぱいいるけど…
昔から京都が大好きなんです。
今回、行き損ねたところ…近くまで行ったのに、寺田屋の跡地に行くのを忘れました…
来年の大河ドラマの関係で一杯人がいたと思うんですけど…
また、時間作っていきたいと思います。
帰ってきてから、色々と複雑な状態にはなっていますけれど…京都に行っていた時間他とても楽しかったです。
また、何か旅行する機会があれば、こうした形で後悔できればいいなぁ…とは思っています。
3つに分かれてしまった記事になって、長くなってしまいましたが…
ここまでお読み下さった皆様、有難う御座居ました。
これで興味を持って京都に行きたいと思われた方がいたら…嬉しいです。
長い旅行記になってしまいましたが…ここまでお読み頂いて有難う御座居ました。

細々と、ランキングに参加中…。この記事を読んで、お気に召して頂いた方は、お手数ですが、バナーを一回クリックしてください。拍手ページは10ページほどの対談(2009/10/22更新)を用意しています。
にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ






web拍手を送る
(携帯電話から接続されている方はこちらから拍手ページにお入り下さい)


アンケートのご協力のお願い

携帯電話からの接続の方はこちらから

アンケートを設置しました。アンケートのご協力、よろしくお願いします。
posted by 和泉綾 at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

京都旅行記(Part.3)

3日目(11/23)

 いよいよ最終日です。
帰りの事もあったので、この日は醍醐寺と三井寺です。
あ、ちなみに、三井寺は滋賀県で京都府じゃないし、三井寺は通称で正式には園城寺(西国十四番札所)と云います。
まぁ、行った順に書いていきますので、三井寺に関してはまた後ほど…

 最初に行ったのは醍醐寺…
皆様も名前くらいは知っているでしょう…
豊臣秀吉が花見して、コスプレ大会したところです…
ここは一度、桜の時期にも来たんですが…とにかく広いし、桜も見事です。
で、今回は紅葉の時期だった訳ですが…
とりあえず、百聞は一見に如かず…
デジカメ画像なんですが…ごらんください…

醍醐寺1


2


醍醐寺3


桜は広葉樹ですから…桜が見事なら、紅葉もきれいである事は解りますね…
ホントにきれいです。
山科の駅からバスが出ているんですけど…住宅街の細い道を抜けてここに来るし、とにかく広いし、バリアフリーはないので、花見の時期にはカメラを持った人たちがいっぱい来ているんですけどね…この時期はあの桜の時期ほど人はいませんでした。
まぁ、広いんで、多少人が集中しても意外と平気…なんでしょうかね?
確かに天龍寺も広いんですが…恐ろしい程の行列が出来るのは…この目で見てきているので…
醍醐寺はお散歩するにはいいコースですが…
とにかく広いんで、まだ、奥醍醐まで行ったことないんですが…

あと、桜とか有名ですけど…ここには大きな五重塔があります。
それが下の画像です。

醍醐寺 五重塔


後は、醍醐三宝院と醍醐寺霊宝殿に行ってきました…
えっと…ここで…三宝院で…和泉は…とんでもない事に気づいたんです…
と云うか、その現実を見せられました…
三宝院では鴬張りの床を使っているんですが…和泉…床を踏んでも床を踏んだ音はしても鴬張りの『キュッキュッ』と云う音がしなかったんです…Σ( ̄◇ ̄;;;;
なんで?
他の人が歩くと、大きい、小さいの違いはあるものの…鴬張りの足音がしていたんです…
近くを歩いていた観光客の方は、『あなたの体重が軽すぎるのよ…』なんて言ってくれましたけど…
うんな訳あるかぁぁぁ!
次に行った時は必ず鳴らして見せます!

 最後は三井寺です。
正式名園城寺…又の名を『不死身寺』…
何度か時の権力者によってお寺そのものが焼かれたり、寺籍をはく奪されていると云う、まぁ、比叡山も近く、比叡山とも相容れなかったお寺だったりして…(ここは天台宗
確かに琵琶湖のほとりですし、秀吉が長浜に城を構えていて、一向一揆がおさまった後も秀吉が目を光らせない訳もなく、また、秀吉が天下を取った時に寺院などを淘汰しているんですが、その際に寺籍もはく奪されていて、秀吉の死ぬ間際に回復しているそうです。
中々大変な運命を辿っているにもかかわらず…宝物殿には…沢山の仏像が!
今年大河ドラマですっかり有名になった毘沙門天も愛染明王もおいでになりました。
また、閻魔様とか、お地蔵さん(←このお地蔵さん…なんか知らないけどすっごい美人さんでした)とか…そんな、歴史の中で色々な事に巻き込まれているお寺だと云うのに残っているものが多い事で…
で、31年ぶりのご本尊、『観世音菩薩』の御開帳もありました。
これまた山の上で…
本殿の前は展望台みたいになっていて琵琶湖が見えました。
ただ、いろんなビルが乱立していて、写真に収める事は出来ませんでしたが…

三井寺の正式名称


紅葉は見事でした。
醍醐寺の時には曇っていて、少々暗かったんですけれど、三井寺では青空が見えていまして…
あの光のコントラストは、肉眼でなければ見れないと思うのですが…
一応、1枚張っておきますね。

三井寺


 やっぱり、京都は素敵ですね…
心を洗われる気がします…人がいっぱいいるけど…
昔から京都が大好きなんです。
今回、行き損ねたところ…近くまで行ったのに、寺田屋の跡地に行くのを忘れました…
来年の大河ドラマの関係で一杯人がいたと思うんですけど…
また、時間作っていきたいと思います。
帰ってきてから、色々と複雑な状態にはなっていますけれど…京都に行っていた時間他とても楽しかったです。
また、何か旅行する機会があれば、こうした形で後悔できればいいなぁ…とは思っています。
3つに分かれてしまった記事になって、長くなってしまいましたが…
ここまでお読み下さった皆様、有難う御座居ました。
これで興味を持って京都に行きたいと思われた方がいたら…嬉しいです。
長い旅行記になってしまいましたが…ここまでお読み頂いて有難う御座居ました。

細々と、ランキングに参加中…。この記事を読んで、お気に召して頂いた方は、お手数ですが、バナーを一回クリックしてください。拍手ページは10ページほどの対談(2009/10/22更新)を用意しています。
にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ






web拍手を送る
(携帯電話から接続されている方はこちらから拍手ページにお入り下さい)


アンケートのご協力のお願い

携帯電話からの接続の方はこちらから

アンケートを設置しました。アンケートのご協力、よろしくお願いします。
posted by 和泉綾 at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

京都旅行記(Part.2) ※広隆寺の画像追加しました。

2日目(11/22)

 さて、旅行二日目…
とにかくその日は人ごみばっかりでした…
まぁ、行った場所が場所なんで…
時期も時期で、まさか、広隆寺の本殿、宝物殿にあれだけの行列が出来ているなんて思いもしませんでした…。
それでも、携帯電話からの更新で書いたように…皆さん、意外とスルーして下さっていたので…和泉としては助かりましたけど…
広隆寺の弥勒菩薩さまは…『国宝第一号』でなんですが…京都旅行をする人たちからはあまり目を向けられることのない仏様で居て欲しいです…(近くに太秦映画村がある事により、スルーされる事が多くて和泉としては助かります)
本当に好きな人は、1日でも弥勒さまの前でそのお顔を見つめていても飽きないと云う…凄い仏さまなので…
まぁ、奈良の阿修羅さまの場合は本当に人が集まるし、あの阿修羅さまも美人さんなんですが…
広隆寺の弥勒さまはその阿修羅さまに負けないくらいの美人さんです。
今は、ある事件により(調べれば解りますけど…とある京大生が弥勒さまの小指を折っちゃったんで)今は距離があいているし、日の当らない宝物殿に安置されちゃっているんですが…
和泉は知らないのですが…本殿に安置されていた弥勒さまはその日の当たり方によって表情を変えられて…1日中見ていて飽きないと云う…しかも季節によってまた、その表情が変わると云う…流石『国宝第一号』と云う仏様です。
和泉はまだ、本殿に安置されていた頃の弥勒さまにお会いしたかったです…
宝物殿でそのお顔を見ていても…涙が出てくるほどの仏さまなので…

 余談が長くなりましたが…
まず、朝一に行ったのは…東福寺…
あそこは…凄いですよ…
開門前からすっごい行列…
地下鉄の東福寺駅から少し歩くんですけど…東福寺までの間に既に人の波が…
和泉が行った時には登って行く人はとりあえず普通のペースで歩ける程度のスピードで歩けていたのですが…
それでも、すっごい人で…
で、通天橋を渡るのに一苦労…
通天橋…完全に一方通行だってのに、人ですし詰め状態。
和泉は、通天橋の真ん中にある、遊びの部分ですけど…頑張って最前列行ってきましたよ…
橋の手摺の低い事!
で、後ろから押してくるし…よく落ちなかったぞ…
と云うか、高いところがきらい(←決して怖い訳じゃない!(超力説!))なのに…後ろから、押してくるのに…よく行ってきましたよ…
誰か落ちてもきっと、不思議じゃない状態でした…
で、その時に頑張った成果が下の画像です。

通天橋から


他にも何枚かあるんですけど…一応、この一枚を選んでみました。
とにかく…すっごい高いんですよ…
デジカメ持っていて、首にぶら下げられるストラップにしておけばよかったと思うくらいです。(あ、いや、ちゃんとデジカメは無事なんですけどね)
そのくらいの場所に立っていました。
落ちたら確実に無事では済まないでしょうね…

その後、愛染堂に行ったわけですけど…
凄いです…人が…
下の画像を見て頂けば、解りますが…

東福寺 愛染堂


まぁ、オンシーズンの東福寺…はっきり言って無謀と云えば無謀なんですけどね…
これまで和泉は京都に行って、オンシーズンの東福寺、清水寺、天龍寺は確実に避けて居ましたし…
まぁ、東福寺も天竜寺も、周囲に色々あるから人が集まるんですよね…
東福寺の近くには清水寺がありますし、天龍寺はとにかく広いし、それぞれに拝観料とるほど色々ある訳で…
それでも、こんな形でのルート選択は…普通に庭が見たかったからです…
まぁ、広隆寺の弥勒菩薩はともかく、とにかく今回は紅葉を見たいと云うのが趣旨だった事もありますし…
この時期にその趣旨で旅行すればどうなるかくらいはまぁ、解っていた事ですしね…
紅葉など殆ど関係のない(庭はきれいですけどね)愛染堂でさえこれだけの人です。
通天橋など、わたっている時、橋が揺れてましたよ…
落ちないのかなぁ…と、結構他人事みたいに考えていましたけど…

あと、携帯電話からの更新でも書きましたが…
東福寺は藤原道長が造ったものです。
和泉の印象としては、お寺と云うよりも、別荘みたいだと思ったのが正直な感想です。
多分、オンシーズンでなくても、庭がきれいだと思います。
名前の由来も描きましたが…
東大寺と興福寺から一字ずつ頂いたものだと云う…
東大寺と興福寺に負けないお寺に…って事だったようですけれど…1000年経って、東福寺は東大寺にも興福寺にも負けないほど人が殺到するお寺になっていますね…

 次は京都対角線移動です。
市バスに乗って四条大宮に出て、そこから嵐電に乗って、嵐山まで行きました。
嵐電下りた途端に…和泉は後悔しました。
結局天龍寺は入り口だけ見て帰ってきましたが…参道もなかなか素晴らしい紅葉だったんですが…
確かにね…観光客の為には必要な処置かとは思うんですけど…
参道を駐車場にしないで…( ┰_┰) シクシク
結局、携帯で何枚か写真を撮ったんですが…あまりいい写真がないんです。(車が入ってるのはなんだか無粋な気がして)

 その後は、更に登って行き、常寂光寺に向かっていく中…竹林を歩くのですが…
そこはまた、風情のある風景なんですが…やっぱり人ごみ…
一応、人が入らないように竹林を撮っては来ました。

竹林


本当にかぐや姫が出てきそうな竹林です…
曇っていた事もあり、少し肌寒い気温が良かったのか…歩いていてちょうどいいくらいの感じでした。
竹林は沢山写真を撮ってきました。
色々使えそうだったんで…
今回はホントに人物はほとんど入らないように頑張って居ました。
まぁ、昨日の書き込みみたいにその時にはまだ、あそこまで切羽詰まっていなかったので、オフラインの表紙の素材に使おうくらいに考えていたんですけど…

今回は紅葉の写真が多いのですが、こうした竹林の写真も入れられたのは…へとへとになっても歩いた甲斐があったと云うものです。
人が少なければ、本当に心静かにするためにはいい道だと思います。
竹は、いつも緑色ですから…オフシーズンを選んでもう一度歩きに来るのもいいかな…と思いました。
ただ…天龍寺から常寂光寺に行く中で実感したのは…
あの人ごみの中で最優先なのは人力車であった…と云う事実…
凄い…
歩いている人たちでもなかなか前に進めない状態の中…『そこのけ!そこのけ!人力車が通る!』でした…
目立つから絶対にヤダ…と思って和泉は人力車に乗った記憶がないんですけど…
ただ、人力車を引いて下さる方のお話は楽しそうだったので…いつか、勇気が出たら乗って見ようかと思います。

で、常寂光寺についたら…これまた凄く綺麗でした。
人は確かに多かったんですが、山登りに近い状態のお寺なので、天龍寺ほどひどくはなく…
また、写真を撮るだけの余裕はちゃんとありまして…
ただ…これまた、運動靴でないとしんどい道でしたけどね…
まぁ、京都のお寺巡りってのは運動靴で、動きやすい格好…遠足と同じような感じで来ることが必須ですね…
お寺の参拝と云うのは、一般の人々にも修業を必要とするものらしいです。
だから、あの長い道のりは、一般の参拝者にとっては、僧の修業みたいなものなんだそうです。
京都に限らず、町中にあるお寺は…かつては恐ろしく広いものでしたけど、時代の流れによって(現代に限らず)、少しずつ削られていると云う事もあります。
山寺の場合、そう云った難を逃れている事や、山一つがお寺の敷地と云う事もあり、広いママ存在している場合が多いようですね…

で、お待たせしました…画像です…

常寂光寺


多分、画像にしても結構きれいに映っていると思いますが…
ホントにきれいでした…上るの大変でしたが…
結構年配の方もいらっしゃっていましたし、若いお姉さんが他も来ていました。
ただ、若いお姉さん方、相当軽装で来ていて、足はつらそうだし、結構足腰冷やしそうな感じでしたが…
と云うか、京都のお寺巡りにテレビに出てくるようなモデルさんみたいなおしゃれをしてきたら確実に大変な事になります。
京都旅行とは…ある意味、登山と変わらないんですから!(場所によっては)
大体紅葉を楽しみに来て、ピンヒールはないだろ…
ピンヒールにミニスカートを見たときにはびっくりしましたよ…
次来る時にはせめてGパンにトレーナーくらいにしておいた方がいいと思います。
最近ではそう云った服装でも、かわいいものがありますから…

 で、遅めのお昼ご飯を広隆寺の前にある京料理屋さんで頂きまして…
これまで広隆寺の周辺には食べるところがないと思っていたのですが…実はあったと云う事で、新発見…
京弁当を頂いたんですが…これがおいしい!
流石京都値段ですけど…すっごいおいしかった!
画像を撮っておかなかった自分の愚かさを呪いたくなりますが…
雨が降り始めて、少々体も冷えていまして…熱燗ひっかけながらお昼ごはんを頂きました。
で、14時くらいに広隆寺に行ったんですが…
ちょうど、この日は年に一度の聖徳太子の公開日で…
いつも、この日は少し人が増えるんですけど…それでも!
なんでこんなに人がいるのかと思うくらい人がいたんですよ…。
広隆寺って、基本的にあんまり人がいなくて、広い駐車場は広隆寺で拝観券を一枚買って、一周してそして映画村へ直行というパターンだとばかり思っていました!
知る人ぞ知る…と云うか、誰もがアウトオブ眼中だと思っていたんですけど…
なのに…なんでこんなに人が居るんでしょうか…と云うくらい人が居ました…
和泉は、普段なら、広隆寺に1日費やしてもいいくらいここの弥勒菩薩さまが大好きなんです…
いつ命が消えてもおかしくない状態で、何度か京都に来ているんですが…その時にも欠かさず広隆寺に来て、ここの弥勒菩薩さまに力を頂いていました。
そのくらい、ここの弥勒菩薩さまが大好きなんです!
語り始めたら長くなるんで、この程度にしておきますが…

広隆寺では護摩焚きもしていたんですが…
雨が降っていた事もあり、携帯電話でしか画像を撮っていなくて…
で、ちょっとmicroSDのリーダーが行方不明なんで…
また、出てきたらこのページに掲載したいと思いますが…


広隆寺の護摩焚き


広隆寺ではとにかく泣いていたと思います。
ちょっとくらい宝物殿に弥勒菩薩さまがいらっしゃるので皆さん、結構あっさりスルーして下さって…
で、和泉のように弥勒さまぞっこんに皆さんだけが、その場から動かずにいたんですけど…そう云った人が片手ほどしかいなくて…
和泉はとにかく、その日は微笑んでいらっしゃった弥勒菩薩さまのお顔をじっと見続けて居ました。
あ、でも、一つ注意しておきます!
広隆寺には十二神将も四天王も居ます!
弥勒さまだけじゃないです!
単純に和泉が一人で弥勒さまばっかり大好きなだけなんです。
ここは和泉にとっての一番のお勧めです!
和泉と感覚が似ている人であれば、きっと気に入ってくれると思いますし、オフシーズンなら、一日中宝物殿に居座っても怒られないほど人が居ませんので!
興味をもたれた方はぜひ一度行ってみて下さい!
ちなみに嵐電『太秦広隆寺』から徒歩1分ですよ…
下に広隆寺の紅葉画像も追加しておきます。

広隆寺の紅葉


広隆寺の紅葉2


とりあえず、二日目はこれにて終了…
旅行記Part.3に続く…

細々と、ランキングに参加中…。この記事を読んで、お気に召して頂いた方は、お手数ですが、バナーを一回クリックしてください。拍手ページは10ページほどの対談(2009/10/22更新)を用意しています。
にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ






web拍手を送る
(携帯電話から接続されている方はこちらから拍手ページにお入り下さい)


アンケートのご協力のお願い

携帯電話からの接続の方はこちらから

アンケートを設置しました。アンケートのご協力、よろしくお願いします。
posted by 和泉綾 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

京都旅行記(Part.2) ※広隆寺の画像追加しました。

2日目(11/22)

 さて、旅行二日目…
とにかくその日は人ごみばっかりでした…
まぁ、行った場所が場所なんで…
時期も時期で、まさか、広隆寺の本殿、宝物殿にあれだけの行列が出来ているなんて思いもしませんでした…。
それでも、携帯電話からの更新で書いたように…皆さん、意外とスルーして下さっていたので…和泉としては助かりましたけど…
広隆寺の弥勒菩薩さまは…『国宝第一号』でなんですが…京都旅行をする人たちからはあまり目を向けられることのない仏様で居て欲しいです…(近くに太秦映画村がある事により、スルーされる事が多くて和泉としては助かります)
本当に好きな人は、1日でも弥勒さまの前でそのお顔を見つめていても飽きないと云う…凄い仏さまなので…
まぁ、奈良の阿修羅さまの場合は本当に人が集まるし、あの阿修羅さまも美人さんなんですが…
広隆寺の弥勒さまはその阿修羅さまに負けないくらいの美人さんです。
今は、ある事件により(調べれば解りますけど…とある京大生が弥勒さまの小指を折っちゃったんで)今は距離があいているし、日の当らない宝物殿に安置されちゃっているんですが…
和泉は知らないのですが…本殿に安置されていた弥勒さまはその日の当たり方によって表情を変えられて…1日中見ていて飽きないと云う…しかも季節によってまた、その表情が変わると云う…流石『国宝第一号』と云う仏様です。
和泉はまだ、本殿に安置されていた頃の弥勒さまにお会いしたかったです…
宝物殿でそのお顔を見ていても…涙が出てくるほどの仏さまなので…

 余談が長くなりましたが…
まず、朝一に行ったのは…東福寺…
あそこは…凄いですよ…
開門前からすっごい行列…
地下鉄の東福寺駅から少し歩くんですけど…東福寺までの間に既に人の波が…
和泉が行った時には登って行く人はとりあえず普通のペースで歩ける程度のスピードで歩けていたのですが…
それでも、すっごい人で…
で、通天橋を渡るのに一苦労…
通天橋…完全に一方通行だってのに、人ですし詰め状態。
和泉は、通天橋の真ん中にある、遊びの部分ですけど…頑張って最前列行ってきましたよ…
橋の手摺の低い事!
で、後ろから押してくるし…よく落ちなかったぞ…
と云うか、高いところがきらい(←決して怖い訳じゃない!(超力説!))なのに…後ろから、押してくるのに…よく行ってきましたよ…
誰か落ちてもきっと、不思議じゃない状態でした…
で、その時に頑張った成果が下の画像です。

通天橋から


他にも何枚かあるんですけど…一応、この一枚を選んでみました。
とにかく…すっごい高いんですよ…
デジカメ持っていて、首にぶら下げられるストラップにしておけばよかったと思うくらいです。(あ、いや、ちゃんとデジカメは無事なんですけどね)
そのくらいの場所に立っていました。
落ちたら確実に無事では済まないでしょうね…

その後、愛染堂に行ったわけですけど…
凄いです…人が…
下の画像を見て頂けば、解りますが…

東福寺 愛染堂


まぁ、オンシーズンの東福寺…はっきり言って無謀と云えば無謀なんですけどね…
これまで和泉は京都に行って、オンシーズンの東福寺、清水寺、天龍寺は確実に避けて居ましたし…
まぁ、東福寺も天竜寺も、周囲に色々あるから人が集まるんですよね…
東福寺の近くには清水寺がありますし、天龍寺はとにかく広いし、それぞれに拝観料とるほど色々ある訳で…
それでも、こんな形でのルート選択は…普通に庭が見たかったからです…
まぁ、広隆寺の弥勒菩薩はともかく、とにかく今回は紅葉を見たいと云うのが趣旨だった事もありますし…
この時期にその趣旨で旅行すればどうなるかくらいはまぁ、解っていた事ですしね…
紅葉など殆ど関係のない(庭はきれいですけどね)愛染堂でさえこれだけの人です。
通天橋など、わたっている時、橋が揺れてましたよ…
落ちないのかなぁ…と、結構他人事みたいに考えていましたけど…

あと、携帯電話からの更新でも書きましたが…
東福寺は藤原道長が造ったものです。
和泉の印象としては、お寺と云うよりも、別荘みたいだと思ったのが正直な感想です。
多分、オンシーズンでなくても、庭がきれいだと思います。
名前の由来も描きましたが…
東大寺と興福寺から一字ずつ頂いたものだと云う…
東大寺と興福寺に負けないお寺に…って事だったようですけれど…1000年経って、東福寺は東大寺にも興福寺にも負けないほど人が殺到するお寺になっていますね…

 次は京都対角線移動です。
市バスに乗って四条大宮に出て、そこから嵐電に乗って、嵐山まで行きました。
嵐電下りた途端に…和泉は後悔しました。
結局天龍寺は入り口だけ見て帰ってきましたが…参道もなかなか素晴らしい紅葉だったんですが…
確かにね…観光客の為には必要な処置かとは思うんですけど…
参道を駐車場にしないで…( ┰_┰) シクシク
結局、携帯で何枚か写真を撮ったんですが…あまりいい写真がないんです。(車が入ってるのはなんだか無粋な気がして)

 その後は、更に登って行き、常寂光寺に向かっていく中…竹林を歩くのですが…
そこはまた、風情のある風景なんですが…やっぱり人ごみ…
一応、人が入らないように竹林を撮っては来ました。

竹林


本当にかぐや姫が出てきそうな竹林です…
曇っていた事もあり、少し肌寒い気温が良かったのか…歩いていてちょうどいいくらいの感じでした。
竹林は沢山写真を撮ってきました。
色々使えそうだったんで…
今回はホントに人物はほとんど入らないように頑張って居ました。
まぁ、昨日の書き込みみたいにその時にはまだ、あそこまで切羽詰まっていなかったので、オフラインの表紙の素材に使おうくらいに考えていたんですけど…

今回は紅葉の写真が多いのですが、こうした竹林の写真も入れられたのは…へとへとになっても歩いた甲斐があったと云うものです。
人が少なければ、本当に心静かにするためにはいい道だと思います。
竹は、いつも緑色ですから…オフシーズンを選んでもう一度歩きに来るのもいいかな…と思いました。
ただ…天龍寺から常寂光寺に行く中で実感したのは…
あの人ごみの中で最優先なのは人力車であった…と云う事実…
凄い…
歩いている人たちでもなかなか前に進めない状態の中…『そこのけ!そこのけ!人力車が通る!』でした…
目立つから絶対にヤダ…と思って和泉は人力車に乗った記憶がないんですけど…
ただ、人力車を引いて下さる方のお話は楽しそうだったので…いつか、勇気が出たら乗って見ようかと思います。

で、常寂光寺についたら…これまた凄く綺麗でした。
人は確かに多かったんですが、山登りに近い状態のお寺なので、天龍寺ほどひどくはなく…
また、写真を撮るだけの余裕はちゃんとありまして…
ただ…これまた、運動靴でないとしんどい道でしたけどね…
まぁ、京都のお寺巡りってのは運動靴で、動きやすい格好…遠足と同じような感じで来ることが必須ですね…
お寺の参拝と云うのは、一般の人々にも修業を必要とするものらしいです。
だから、あの長い道のりは、一般の参拝者にとっては、僧の修業みたいなものなんだそうです。
京都に限らず、町中にあるお寺は…かつては恐ろしく広いものでしたけど、時代の流れによって(現代に限らず)、少しずつ削られていると云う事もあります。
山寺の場合、そう云った難を逃れている事や、山一つがお寺の敷地と云う事もあり、広いママ存在している場合が多いようですね…

で、お待たせしました…画像です…

常寂光寺


多分、画像にしても結構きれいに映っていると思いますが…
ホントにきれいでした…上るの大変でしたが…
結構年配の方もいらっしゃっていましたし、若いお姉さんが他も来ていました。
ただ、若いお姉さん方、相当軽装で来ていて、足はつらそうだし、結構足腰冷やしそうな感じでしたが…
と云うか、京都のお寺巡りにテレビに出てくるようなモデルさんみたいなおしゃれをしてきたら確実に大変な事になります。
京都旅行とは…ある意味、登山と変わらないんですから!(場所によっては)
大体紅葉を楽しみに来て、ピンヒールはないだろ…
ピンヒールにミニスカートを見たときにはびっくりしましたよ…
次来る時にはせめてGパンにトレーナーくらいにしておいた方がいいと思います。
最近ではそう云った服装でも、かわいいものがありますから…

 で、遅めのお昼ご飯を広隆寺の前にある京料理屋さんで頂きまして…
これまで広隆寺の周辺には食べるところがないと思っていたのですが…実はあったと云う事で、新発見…
京弁当を頂いたんですが…これがおいしい!
流石京都値段ですけど…すっごいおいしかった!
画像を撮っておかなかった自分の愚かさを呪いたくなりますが…
雨が降り始めて、少々体も冷えていまして…熱燗ひっかけながらお昼ごはんを頂きました。
で、14時くらいに広隆寺に行ったんですが…
ちょうど、この日は年に一度の聖徳太子の公開日で…
いつも、この日は少し人が増えるんですけど…それでも!
なんでこんなに人がいるのかと思うくらい人がいたんですよ…。
広隆寺って、基本的にあんまり人がいなくて、広い駐車場は広隆寺で拝観券を一枚買って、一周してそして映画村へ直行というパターンだとばかり思っていました!
知る人ぞ知る…と云うか、誰もがアウトオブ眼中だと思っていたんですけど…
なのに…なんでこんなに人が居るんでしょうか…と云うくらい人が居ました…
和泉は、普段なら、広隆寺に1日費やしてもいいくらいここの弥勒菩薩さまが大好きなんです…
いつ命が消えてもおかしくない状態で、何度か京都に来ているんですが…その時にも欠かさず広隆寺に来て、ここの弥勒菩薩さまに力を頂いていました。
そのくらい、ここの弥勒菩薩さまが大好きなんです!
語り始めたら長くなるんで、この程度にしておきますが…

広隆寺では護摩焚きもしていたんですが…
雨が降っていた事もあり、携帯電話でしか画像を撮っていなくて…
で、ちょっとmicroSDのリーダーが行方不明なんで…
また、出てきたらこのページに掲載したいと思いますが…


広隆寺の護摩焚き


広隆寺ではとにかく泣いていたと思います。
ちょっとくらい宝物殿に弥勒菩薩さまがいらっしゃるので皆さん、結構あっさりスルーして下さって…
で、和泉のように弥勒さまぞっこんに皆さんだけが、その場から動かずにいたんですけど…そう云った人が片手ほどしかいなくて…
和泉はとにかく、その日は微笑んでいらっしゃった弥勒菩薩さまのお顔をじっと見続けて居ました。
あ、でも、一つ注意しておきます!
広隆寺には十二神将も四天王も居ます!
弥勒さまだけじゃないです!
単純に和泉が一人で弥勒さまばっかり大好きなだけなんです。
ここは和泉にとっての一番のお勧めです!
和泉と感覚が似ている人であれば、きっと気に入ってくれると思いますし、オフシーズンなら、一日中宝物殿に居座っても怒られないほど人が居ませんので!
興味をもたれた方はぜひ一度行ってみて下さい!
ちなみに嵐電『太秦広隆寺』から徒歩1分ですよ…
下に広隆寺の紅葉画像も追加しておきます。

広隆寺の紅葉


広隆寺の紅葉2


とりあえず、二日目はこれにて終了…
旅行記Part.3に続く…

細々と、ランキングに参加中…。この記事を読んで、お気に召して頂いた方は、お手数ですが、バナーを一回クリックしてください。拍手ページは10ページほどの対談(2009/10/22更新)を用意しています。
にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ






web拍手を送る
(携帯電話から接続されている方はこちらから拍手ページにお入り下さい)


アンケートのご協力のお願い

携帯電話からの接続の方はこちらから

アンケートを設置しました。アンケートのご協力、よろしくお願いします。
posted by 和泉綾 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

京都旅行記(Part.1)

こんにちは、和泉綾です。
昨日、京都から帰ってきて、帰宅報告のみで体力が足りなくなりまして…
で、今日は基本的に仕事と云っても、電話とメールのみで済みそうなので、時間のある時に旅行記を掲載してしまおうと…
明日からはまた、バタバタと忙しくなるので…
色々画像を交えながら簡単な旅行記を書いてみたいと思います。

1日目(11/21)

 朝、5時起きで頑張りました…。
それで、まずは、山崎(羽柴秀吉と明智光秀が戦ったところです。)に向かいました。
そこには宝積寺と云うお寺があります。
つい何年か前まで京都国立博物館に展示されていた閻魔像があったのですが…いつの間にやら京都国立博物館から姿を消してしまいまして…
中々リアリティのある地獄の裁判長で、とても印象的な閻魔さまだったんですけれど…
で、調べたところ、宝積寺の本殿の工事で京都国立博物館に預けられていたものが、宝積寺にお帰りになっていたようで…
で、それを見に行ってきました。(当然写真などは撮れません)
宝積寺は天王山にありまして…JR山崎駅から少し登ったところにあります。
駐車場もありますから、自家用車での参拝もOKです。
公共の交通機関だと、少々、坂道を歩く事になりますから、慣れた運動靴で行く事をお勧めします。
で、三重塔は撮影してきたのですけれど…紅葉はあまり、撮ってこなかったので、ここでは掲載しませんが…
ちなみに、三重塔は…下の画像です。

宝積寺三重塔


えっと、そこでは一寸法師に出てくる打ち出の小槌が残されていました。
そこで、色々説明を聴かせて頂いたのですが…
実は、『打ち出』と『小槌』は別々のものだそうで…
ちなみに『打ち出』は吉祥天、『小槌』は大黒様の管轄だそうで…
宗教の違う神様が並んで存在している…しかも、閻魔さまは仏教ですわ…
仏教の話の和泉の見解を申し上げますと…実は、御釈迦さんって、自分が勝手に解脱しただけで、特に宗教にしようなんて考えてもおらず、本人にその意思は全くなかったんですよね…
だから、仏教って奇跡はないし、宗教戦争も他の世界三大宗教のイスラム教、キリスト教と比べて宗教戦争も少ないんですよね…
ついでに、教祖様は迫害もされていないし、時の権力者に殺されても居ません。
その辺りが、日本の文化とマッチして、『宝船』みたいに、他の国であれば沈没確実な船が存在する訳で…
余談ははその程度にしまして…

 次は、地獄の裁判所から…極楽浄土…つまり、平等院に行ったわけですが…
えっと、10円玉の絵で有名ですよね…
藤原頼通が造ったとされています。
で、鳳凰堂の丸窓から池の向こう側からでも阿弥陀如来の顔が見えると云うのも有名ですね…

平等院鳳凰堂


流石にデジカメの画像では、池の向こう側の阿弥陀様のお顔が見える事はないのですが…
で、阿弥陀堂に入り、阿弥陀様も見てくる事が出来ました。
流石に堂内は写真撮影禁止だったのですが、阿弥陀堂から池の方を撮影は出来たので、ちょっと掲載してみます。
鳳凰堂の写真はいっぱいありますけれど…阿弥陀堂から池の方の風景を見る事ってあんまりないと思うので…

鳳凰堂から


平等院には藤棚があるんですが…これはその時期に来るときれいだろうなぁ…と思いました。
ただ…藤の時期は非常に暑いと思うんですが…
あ、ちなみに平等院の『鳳凰堂』と云うのは通称です。
実際には阿弥陀堂です。(阿弥陀如来が祀られているんですから…阿弥陀堂ですよね)

 その次に、お昼ごはん食べて、ちょっと甘味処でお茶飲んで、三室戸寺(西国十一番札所)に行きました。
ここは紫陽花寺とも言われて、梅雨時にはとってもきれいに紫陽花が咲いているそうです。
今回は紅葉を愛でてきた訳ですが…庭の手入れもしっかりされていて、とてもきれいでした。
しかし…本堂まで長い…
茶畑を横に見ながら、長い本堂までの道を歩いていました。
ただ、紅葉がとてもきれいでした。
だから、ここは、足腰の悪い方にはしんどいかもしれませんし、普通の人でも、間違ってもピンヒールをはいてきてはいけません。
ここも慣れた運動靴で来る事をお勧めします。(←とか言いながら、和泉はふだん仕事ではいているヒールでしたけど…。後で足が大変です…)

三室戸寺1


三室戸寺2


ちなみに、この三室戸寺にお参りして、あれは…牛なのかな?
触ってくるとお金が返ってくるそうです…

 1日目最後は伏見桃山城です。
いやぁ…管理会社が倒産しているとは知らず…本当に外観を見てきただけでした…
ただ、広い公園になっていて…近くには運動場があって、野球少年たちが野球をしていましたが…
ここは、晴れた日にお散歩するにはいいかもしれません。
中に入る事は出来ませんでしたが、建物の写真自体は撮る事が出来ました。
まぁ、国宝のお城と違って、鉄筋コンクリートですけど…

伏見桃山城


それでも、駐車場は有料駐車場で、結構普通車も観光バスも停まっていました。
中はそれなりに広いし、暖かければ散歩していても気持ちいいかもしれません。
京都の散策をしていてお昼ごはんを食べる時、お弁当を持って行って、お弁当を広げるのもいいのかな?
あまり注意書きとか見てこなかったけれど…
自販機くらいはありましたし、空いて居れば静かに歩けますね…
ただ、何もないですけど…ホントに…

さて、2日目に関してはPart.2に続きます…

細々と、ランキングに参加中…。この記事を読んで、お気に召して頂いた方は、お手数ですが、バナーを一回クリックしてください。拍手ページは10ページほどの対談(2009/10/22更新)を用意しています。
にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ






web拍手を送る
(携帯電話から接続されている方はこちらから拍手ページにお入り下さい)


アンケートのご協力のお願い

携帯電話からの接続の方はこちらから

アンケートを設置しました。アンケートのご協力、よろしくお願いします。
posted by 和泉綾 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

京都旅行記(Part.1)

こんにちは、和泉綾です。
昨日、京都から帰ってきて、帰宅報告のみで体力が足りなくなりまして…
で、今日は基本的に仕事と云っても、電話とメールのみで済みそうなので、時間のある時に旅行記を掲載してしまおうと…
明日からはまた、バタバタと忙しくなるので…
色々画像を交えながら簡単な旅行記を書いてみたいと思います。

1日目(11/21)

 朝、5時起きで頑張りました…。
それで、まずは、山崎(羽柴秀吉と明智光秀が戦ったところです。)に向かいました。
そこには宝積寺と云うお寺があります。
つい何年か前まで京都国立博物館に展示されていた閻魔像があったのですが…いつの間にやら京都国立博物館から姿を消してしまいまして…
中々リアリティのある地獄の裁判長で、とても印象的な閻魔さまだったんですけれど…
で、調べたところ、宝積寺の本殿の工事で京都国立博物館に預けられていたものが、宝積寺にお帰りになっていたようで…
で、それを見に行ってきました。(当然写真などは撮れません)
宝積寺は天王山にありまして…JR山崎駅から少し登ったところにあります。
駐車場もありますから、自家用車での参拝もOKです。
公共の交通機関だと、少々、坂道を歩く事になりますから、慣れた運動靴で行く事をお勧めします。
で、三重塔は撮影してきたのですけれど…紅葉はあまり、撮ってこなかったので、ここでは掲載しませんが…
ちなみに、三重塔は…下の画像です。

宝積寺三重塔


えっと、そこでは一寸法師に出てくる打ち出の小槌が残されていました。
そこで、色々説明を聴かせて頂いたのですが…
実は、『打ち出』と『小槌』は別々のものだそうで…
ちなみに『打ち出』は吉祥天、『小槌』は大黒様の管轄だそうで…
宗教の違う神様が並んで存在している…しかも、閻魔さまは仏教ですわ…
仏教の話の和泉の見解を申し上げますと…実は、御釈迦さんって、自分が勝手に解脱しただけで、特に宗教にしようなんて考えてもおらず、本人にその意思は全くなかったんですよね…
だから、仏教って奇跡はないし、宗教戦争も他の世界三大宗教のイスラム教、キリスト教と比べて宗教戦争も少ないんですよね…
ついでに、教祖様は迫害もされていないし、時の権力者に殺されても居ません。
その辺りが、日本の文化とマッチして、『宝船』みたいに、他の国であれば沈没確実な船が存在する訳で…
余談ははその程度にしまして…

 次は、地獄の裁判所から…極楽浄土…つまり、平等院に行ったわけですが…
えっと、10円玉の絵で有名ですよね…
藤原頼通が造ったとされています。
で、鳳凰堂の丸窓から池の向こう側からでも阿弥陀如来の顔が見えると云うのも有名ですね…

平等院鳳凰堂


流石にデジカメの画像では、池の向こう側の阿弥陀様のお顔が見える事はないのですが…
で、阿弥陀堂に入り、阿弥陀様も見てくる事が出来ました。
流石に堂内は写真撮影禁止だったのですが、阿弥陀堂から池の方を撮影は出来たので、ちょっと掲載してみます。
鳳凰堂の写真はいっぱいありますけれど…阿弥陀堂から池の方の風景を見る事ってあんまりないと思うので…

鳳凰堂から


平等院には藤棚があるんですが…これはその時期に来るときれいだろうなぁ…と思いました。
ただ…藤の時期は非常に暑いと思うんですが…
あ、ちなみに平等院の『鳳凰堂』と云うのは通称です。
実際には阿弥陀堂です。(阿弥陀如来が祀られているんですから…阿弥陀堂ですよね)

 その次に、お昼ごはん食べて、ちょっと甘味処でお茶飲んで、三室戸寺(西国十一番札所)に行きました。
ここは紫陽花寺とも言われて、梅雨時にはとってもきれいに紫陽花が咲いているそうです。
今回は紅葉を愛でてきた訳ですが…庭の手入れもしっかりされていて、とてもきれいでした。
しかし…本堂まで長い…
茶畑を横に見ながら、長い本堂までの道を歩いていました。
ただ、紅葉がとてもきれいでした。
だから、ここは、足腰の悪い方にはしんどいかもしれませんし、普通の人でも、間違ってもピンヒールをはいてきてはいけません。
ここも慣れた運動靴で来る事をお勧めします。(←とか言いながら、和泉はふだん仕事ではいているヒールでしたけど…。後で足が大変です…)

三室戸寺1


三室戸寺2


ちなみに、この三室戸寺にお参りして、あれは…牛なのかな?
触ってくるとお金が返ってくるそうです…

 1日目最後は伏見桃山城です。
いやぁ…管理会社が倒産しているとは知らず…本当に外観を見てきただけでした…
ただ、広い公園になっていて…近くには運動場があって、野球少年たちが野球をしていましたが…
ここは、晴れた日にお散歩するにはいいかもしれません。
中に入る事は出来ませんでしたが、建物の写真自体は撮る事が出来ました。
まぁ、国宝のお城と違って、鉄筋コンクリートですけど…

伏見桃山城


それでも、駐車場は有料駐車場で、結構普通車も観光バスも停まっていました。
中はそれなりに広いし、暖かければ散歩していても気持ちいいかもしれません。
京都の散策をしていてお昼ごはんを食べる時、お弁当を持って行って、お弁当を広げるのもいいのかな?
あまり注意書きとか見てこなかったけれど…
自販機くらいはありましたし、空いて居れば静かに歩けますね…
ただ、何もないですけど…ホントに…

さて、2日目に関してはPart.2に続きます…

細々と、ランキングに参加中…。この記事を読んで、お気に召して頂いた方は、お手数ですが、バナーを一回クリックしてください。拍手ページは10ページほどの対談(2009/10/22更新)を用意しています。
にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ






web拍手を送る
(携帯電話から接続されている方はこちらから拍手ページにお入り下さい)


アンケートのご協力のお願い

携帯電話からの接続の方はこちらから

アンケートを設置しました。アンケートのご協力、よろしくお願いします。
posted by 和泉綾 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2009年11月23日

帰って参りました…

 京都で現実逃避していた和泉綾ですが…
つい先ほど、自宅に帰って参りました…
えっと、ホントは、いっぱい写真とかあるんで、色々掲載したいんですけど…流石に体力がもちません…
まぁ、色々あって、とにかく、色々考えてさせられているんですけど…
これから先、どうしていこうか悩んでいるところです。
今回の、旅行中、ホントに色々考える時間が出来て、色々考えていました。
ここのところ、いろんな事で(二次創作含めて)自信喪失状態で、落ち込みモードからまったく抜け出る事が出来ずにいた状態でして…
一応、これから先のイベント参加なども申し込みとかしているんですけれど…
どうしようかなぁ…と迷い始めてしまっている状態でして…ヾ(▽^;)ゞうへへ
やっぱり、イベントとか行くとすっごく現実を目の前に突きつけられる状態だし、あんまりやらん方がいいのかなぁ…とか思ってしまっている状態でして…
色々、仏さまの前で拝んでいたりして色々考えながら、そのお顔を見ていると…
『もういい加減やめた方がいいじゃね?』
と言われている様な気にもなりまして…
現在企画中なんで、企画に関してはちゃんと、頂いたものをしっかりやっていこうとは思っているんですけれど…
連載ものとか、一発ネタの作品とか…どうするべきかなぁ…と考えています。
今回の自信喪失に関しては、まぁ、たくさんの要因があるんですけれど…『自分には書く意味がない』と云うよりも、『自分には書く資格がない』と云う領域なんで…
少なくとも、他の作家さんを見て、自分を冷静に見つめなおしたとき、和泉には書いて、皆さんに読んで頂く資格なんてないんじゃないか…と云う領域にまで達しています。
これは…和泉が一番嫌っている、連載物の未完を容認してしまう事になりかねないのですけれど…
ただ、自分の中ではもう、自分には本人で書くのは自由だけど、皆さんに読んで頂く資格はない…と云うところに来ちゃっている状態なので…
イベント参加はまぁ、申し込みしちゃったものに関しては…どうするかは今のところ未定…
オフラインもイベント参加をするかどうか次第…と云うところです。
まぁ、色々ネタを考えて、プロットが膨大になってしまったオフライン用の原稿もあるんですけれど…現在のところ、それもどうなるかは未定です。

 多分、自分の中で書いていく事は続けていくと思います。
『コードギアス反逆のルルーシュ』が大好きなのも変わりません。
ただ、様々な結果を見ているうちに、もう、続けていってはいけないと云う領域に来ている気がしていまして…
気持的にはそれで意外とすっきりしている状態でして…
ここまで、いろんな事に挑戦してきた事に対しても、たくさんの作品を書いてきた事にもまったくもって後悔がありませんし、充実したものだったと思っています。
ただ…やっぱり和泉は自分の書いたものを、他の方に読んで頂く資格はないなぁ…と思ったのは事実ですし、この先も、そんな状態で書き続けていっていいものだろうか…と考えているのも事実です。
今回、完全に原稿から離れた3日間を送って、色々考える時間が出来ました。
その中で、結果が出た…と云うところまでは来ちゃいないのですが、やっぱり、自分自身、この活動に関しては追い詰められていると云うのが事実です。
多分、どんな形であれ、イベントに参加できる状況を手に入れた人たちはきっと意味がある事ですし、和泉の手にそれが渡らなかった事にもきっと意味があるのでしょう。
それはきっと、何かの区切り…なのかもしれません。
正直、現在の状況では、どうする事が正しいのかとかは解りません。
ただ、和泉がどれだけ頑張って見ても手に届かないものがあるし、その手の届かない場所がどこであるのかが見えてきた段階で、色々と考えさせられている訳ですが…
数少ないながらも、和泉の作品を好きだとおっしゃって下さっている方の存在はとても有難いもので…今のところ、和泉がやめる、やめないを悩んでいる一番大きな原因は、その方々の存在でしょう。
まぁ、やるだけやった…と云うそんな感覚はまだ、ないのですけれど…それでも、色々と周囲と自分の差を見せつけられて、やっぱり、和泉自身はそういう活動は自分の中だけでやるべきなのかな…と思っても居ます。
ここまで、和泉の欲しかった『当選』のふた文字、全てが外れた事によって、そして、他の部分において自分の立っている立場を思い知らされた事によって、まぁ、そろそろ、『これ以上、自分を傷つける前に…』と思い始めている訳です。
まぁ、ぶっちゃけ、『逃げ』です。
自分の本音の部分は、実は今は自分でも解りません。
この活動を続けていきたいのか、やめたいのか…
踏ん切りがついていない部分を見ると、まだ、悩んでいる状態…なのでしょうが…
ちょっと肩を押して貰えたら、多分、すぐにでもこのブログは閉鎖して、サイトも閉鎖して、『和泉綾』の名前も捨てるでしょう…
どうしたらいいか…解らない…
この活動に関して、ここまで考えたのは、初めてです。
ただ、和泉はこの活動において、どこにも通用しないと云う事だけは解っている事ですけどね…

 笑っちゃうほど和泉は欲張りになっていたようです。
最初は…書く事が出来ればそれでよかったのですけれど…
まぁ、ごちゃごちゃと書いていますけれど…正直、和泉の中でも解らないんです。
和泉の周囲でこうした活動をしている方々は、本当にすごすぎる方ばかりだと云う事なのでしょうね…
実力がないのですから、仕方ない訳ですけれど、自分の立っている位置が解った途端に、こういった状況に陥ってしまっているので、これで、浮上できないのであれば、とっとと消えるべきでしょうし…
今回の京都旅行で、考える時間が出来て、解った事は…
和泉は和泉の書いたものを他の方に読んで頂く資格はない!
この先この活動を続けていったとしても、周囲の方々との差を思い知るだけ!
と云う事でした。
この先、どうしていくかは…よく解りません。
ただ、こちらで企画し、募集したリクエストに関しましては、予定通りに掲載してまいります。
全ての掲載を終えるまでに多分、年を越えてしまうと思うのですが…
その間に考えが変わらなければ、その後は…
今回は、落ち込んでいる状態なのですが、非常に冷静です。
一つ一つ整理して、考えています。
そのうえで、まだ、答えが出てこない訳ですが…
答えが出てきたら、また、このブログにてその時の気持ちを書かせて頂きます。
色々書きましたが、現在の和泉の正直な気持ちです。
何か、和泉に対して云いたい事や、アドバイスなどがありましたら…『拍手』にてお受けいたします。
そして、皆様からのお言葉は真摯に受け止めさせて頂きます。
色々鬱陶しい事を書き連ねてしまいましたが…
斜め読みして頂いて居れば幸いです。

和泉綾拝

☆拍手のお返事


水流さま:こんばんは、コメント有難う御座居ます。
雨は降られましたけれど…まぁ、すぐに帰ってきましたし、途中、嵐山からタクシーを拾いました。(嵐電が凄い混みようだったので)
弥勒菩薩を見ながら…本気で泣いていました…
上の記事にもある通り、和泉自身、現在ぼろぼろなので…
いつもご心配頂いて有難う御座居ます。
これから先の事を、少し考えていきたいと思います。

篠木菜々さま:こんばんは、ご無沙汰しております。
コメント有難う御座居ます。
子育てに、家事に…お疲れ様です。
まぁ、和泉の方は色々と考える時間の出来た旅行でした。(どこへ行っても人がいっぱいでしたが)

『幼馴染シリーズ』
ジノ…色々とスザクの邪魔をして貰うべく、頑張ってもらわなくてはならないと思っているんですが…
現在、和泉の方がこのようなありさまなので…この先の事は…解りません。
ホント、和泉の周囲には凄い人が多すぎます。
お知り合いそのものは少ないのですが…その少ないお知り合いの方々が凄過ぎて、和泉自身、こんな事をしてはいけないと云う思いが大きくなっている状態でして…
出来るだけ…頑張って書いていきたいと思いますが…


拍手のみの皆さんもありがとうございます。
とっても励みになります。
ついでに、細々と参加中のランキングバナーもクリックしてやってください。
こちらは、拍手ページと違って、10ページも読まなくちゃいけないなどと云う、無体な事はありませんので(爆)

細々と、ランキングに参加中…。この記事を読んで、お気に召して頂いた方は、お手数ですが、バナーを一回クリックしてください。拍手ページは10ページほどの対談(2009/10/22更新)を用意しています。
にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ






web拍手を送る
(携帯電話から接続されている方はこちらから拍手ページにお入り下さい)


アンケートのご協力のお願い

携帯電話からの接続の方はこちらから

アンケートを設置しました。アンケートのご協力、よろしくお願いします。
posted by 和泉綾 at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

帰って参りました…

 京都で現実逃避していた和泉綾ですが…
つい先ほど、自宅に帰って参りました…
えっと、ホントは、いっぱい写真とかあるんで、色々掲載したいんですけど…流石に体力がもちません…
まぁ、色々あって、とにかく、色々考えてさせられているんですけど…
これから先、どうしていこうか悩んでいるところです。
今回の、旅行中、ホントに色々考える時間が出来て、色々考えていました。
ここのところ、いろんな事で(二次創作含めて)自信喪失状態で、落ち込みモードからまったく抜け出る事が出来ずにいた状態でして…
一応、これから先のイベント参加なども申し込みとかしているんですけれど…
どうしようかなぁ…と迷い始めてしまっている状態でして…ヾ(▽^;)ゞうへへ
やっぱり、イベントとか行くとすっごく現実を目の前に突きつけられる状態だし、あんまりやらん方がいいのかなぁ…とか思ってしまっている状態でして…
色々、仏さまの前で拝んでいたりして色々考えながら、そのお顔を見ていると…
『もういい加減やめた方がいいじゃね?』
と言われている様な気にもなりまして…
現在企画中なんで、企画に関してはちゃんと、頂いたものをしっかりやっていこうとは思っているんですけれど…
連載ものとか、一発ネタの作品とか…どうするべきかなぁ…と考えています。
今回の自信喪失に関しては、まぁ、たくさんの要因があるんですけれど…『自分には書く意味がない』と云うよりも、『自分には書く資格がない』と云う領域なんで…
少なくとも、他の作家さんを見て、自分を冷静に見つめなおしたとき、和泉には書いて、皆さんに読んで頂く資格なんてないんじゃないか…と云う領域にまで達しています。
これは…和泉が一番嫌っている、連載物の未完を容認してしまう事になりかねないのですけれど…
ただ、自分の中ではもう、自分には本人で書くのは自由だけど、皆さんに読んで頂く資格はない…と云うところに来ちゃっている状態なので…
イベント参加はまぁ、申し込みしちゃったものに関しては…どうするかは今のところ未定…
オフラインもイベント参加をするかどうか次第…と云うところです。
まぁ、色々ネタを考えて、プロットが膨大になってしまったオフライン用の原稿もあるんですけれど…現在のところ、それもどうなるかは未定です。

 多分、自分の中で書いていく事は続けていくと思います。
『コードギアス反逆のルルーシュ』が大好きなのも変わりません。
ただ、様々な結果を見ているうちに、もう、続けていってはいけないと云う領域に来ている気がしていまして…
気持的にはそれで意外とすっきりしている状態でして…
ここまで、いろんな事に挑戦してきた事に対しても、たくさんの作品を書いてきた事にもまったくもって後悔がありませんし、充実したものだったと思っています。
ただ…やっぱり和泉は自分の書いたものを、他の方に読んで頂く資格はないなぁ…と思ったのは事実ですし、この先も、そんな状態で書き続けていっていいものだろうか…と考えているのも事実です。
今回、完全に原稿から離れた3日間を送って、色々考える時間が出来ました。
その中で、結果が出た…と云うところまでは来ちゃいないのですが、やっぱり、自分自身、この活動に関しては追い詰められていると云うのが事実です。
多分、どんな形であれ、イベントに参加できる状況を手に入れた人たちはきっと意味がある事ですし、和泉の手にそれが渡らなかった事にもきっと意味があるのでしょう。
それはきっと、何かの区切り…なのかもしれません。
正直、現在の状況では、どうする事が正しいのかとかは解りません。
ただ、和泉がどれだけ頑張って見ても手に届かないものがあるし、その手の届かない場所がどこであるのかが見えてきた段階で、色々と考えさせられている訳ですが…
数少ないながらも、和泉の作品を好きだとおっしゃって下さっている方の存在はとても有難いもので…今のところ、和泉がやめる、やめないを悩んでいる一番大きな原因は、その方々の存在でしょう。
まぁ、やるだけやった…と云うそんな感覚はまだ、ないのですけれど…それでも、色々と周囲と自分の差を見せつけられて、やっぱり、和泉自身はそういう活動は自分の中だけでやるべきなのかな…と思っても居ます。
ここまで、和泉の欲しかった『当選』のふた文字、全てが外れた事によって、そして、他の部分において自分の立っている立場を思い知らされた事によって、まぁ、そろそろ、『これ以上、自分を傷つける前に…』と思い始めている訳です。
まぁ、ぶっちゃけ、『逃げ』です。
自分の本音の部分は、実は今は自分でも解りません。
この活動を続けていきたいのか、やめたいのか…
踏ん切りがついていない部分を見ると、まだ、悩んでいる状態…なのでしょうが…
ちょっと肩を押して貰えたら、多分、すぐにでもこのブログは閉鎖して、サイトも閉鎖して、『和泉綾』の名前も捨てるでしょう…
どうしたらいいか…解らない…
この活動に関して、ここまで考えたのは、初めてです。
ただ、和泉はこの活動において、どこにも通用しないと云う事だけは解っている事ですけどね…

 笑っちゃうほど和泉は欲張りになっていたようです。
最初は…書く事が出来ればそれでよかったのですけれど…
まぁ、ごちゃごちゃと書いていますけれど…正直、和泉の中でも解らないんです。
和泉の周囲でこうした活動をしている方々は、本当にすごすぎる方ばかりだと云う事なのでしょうね…
実力がないのですから、仕方ない訳ですけれど、自分の立っている位置が解った途端に、こういった状況に陥ってしまっているので、これで、浮上できないのであれば、とっとと消えるべきでしょうし…
今回の京都旅行で、考える時間が出来て、解った事は…
和泉は和泉の書いたものを他の方に読んで頂く資格はない!
この先この活動を続けていったとしても、周囲の方々との差を思い知るだけ!
と云う事でした。
この先、どうしていくかは…よく解りません。
ただ、こちらで企画し、募集したリクエストに関しましては、予定通りに掲載してまいります。
全ての掲載を終えるまでに多分、年を越えてしまうと思うのですが…
その間に考えが変わらなければ、その後は…
今回は、落ち込んでいる状態なのですが、非常に冷静です。
一つ一つ整理して、考えています。
そのうえで、まだ、答えが出てこない訳ですが…
答えが出てきたら、また、このブログにてその時の気持ちを書かせて頂きます。
色々書きましたが、現在の和泉の正直な気持ちです。
何か、和泉に対して云いたい事や、アドバイスなどがありましたら…『拍手』にてお受けいたします。
そして、皆様からのお言葉は真摯に受け止めさせて頂きます。
色々鬱陶しい事を書き連ねてしまいましたが…
斜め読みして頂いて居れば幸いです。

和泉綾拝

☆拍手のお返事


水流さま:こんばんは、コメント有難う御座居ます。
雨は降られましたけれど…まぁ、すぐに帰ってきましたし、途中、嵐山からタクシーを拾いました。(嵐電が凄い混みようだったので)
弥勒菩薩を見ながら…本気で泣いていました…
上の記事にもある通り、和泉自身、現在ぼろぼろなので…
いつもご心配頂いて有難う御座居ます。
これから先の事を、少し考えていきたいと思います。

篠木菜々さま:こんばんは、ご無沙汰しております。
コメント有難う御座居ます。
子育てに、家事に…お疲れ様です。
まぁ、和泉の方は色々と考える時間の出来た旅行でした。(どこへ行っても人がいっぱいでしたが)

『幼馴染シリーズ』
ジノ…色々とスザクの邪魔をして貰うべく、頑張ってもらわなくてはならないと思っているんですが…
現在、和泉の方がこのようなありさまなので…この先の事は…解りません。
ホント、和泉の周囲には凄い人が多すぎます。
お知り合いそのものは少ないのですが…その少ないお知り合いの方々が凄過ぎて、和泉自身、こんな事をしてはいけないと云う思いが大きくなっている状態でして…
出来るだけ…頑張って書いていきたいと思いますが…


拍手のみの皆さんもありがとうございます。
とっても励みになります。
ついでに、細々と参加中のランキングバナーもクリックしてやってください。
こちらは、拍手ページと違って、10ページも読まなくちゃいけないなどと云う、無体な事はありませんので(爆)

細々と、ランキングに参加中…。この記事を読んで、お気に召して頂いた方は、お手数ですが、バナーを一回クリックしてください。拍手ページは10ページほどの対談(2009/10/22更新)を用意しています。
にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ






web拍手を送る
(携帯電話から接続されている方はこちらから拍手ページにお入り下さい)


アンケートのご協力のお願い

携帯電話からの接続の方はこちらから

アンケートを設置しました。アンケートのご協力、よろしくお願いします。
posted by 和泉綾 at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2009年11月22日

雨降ってきた…(┳◇┳)

画像
こんにちは('-'*)
京都二日目です。
今日は東福寺、天龍寺(入口まで)、常寂光寺、広隆寺でした。
とにかく…人が多い!
広隆寺にあんなに人が並んでいたのは初めて見ました。
あの弥勒菩薩…大好きなんです!
あの仏さま…ホントに美人さんで…落ち込んでいる今の和泉には…ホントにぐっと来て…
周囲に人がいるにも関わらず…感極まって涙が出てきました…
今日は弥勒さん…優しく微笑んでいらっしゃいました…
その微笑みは…今の和泉には本当に優しくて…縋りたくなる…そんな微笑みに自然に涙が出てきました…
とにかく…ずっと落ち込んでいて、自分を支えているものを見失っていて…
で、今朝、某blogを見て…『ああ…ついに嫌われたか…』と思ってMAXに落ち込んで…(←欝陶しい奴)
そんな時に…広隆寺の弥勒さんの微笑みは胸を突きました…
本気で泣きました…
混雑していたものの…皆さん、有り難い事に、あっさりスルーしてくれたので…和泉は小1時間程弥勒さんの優しい微笑みを見て泣いていました…

紅葉は綺麗だったし、聖徳太子にもお会いできたことは嬉しかったけど…一番は…広隆寺の弥勒菩薩でした…
本当に落ち込んでいるとき、切ないときは…広隆寺の弥勒菩薩にお会いすると…ホントに救われるような気がします…
また、後で、『幼馴染シリーズ』をアップします。



web拍手を送る
posted by 和泉綾 at 16:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記

雨降ってきた…(┳◇┳)

画像
こんにちは('-'*)
京都二日目です。
今日は東福寺、天龍寺(入口まで)、常寂光寺、広隆寺でした。
とにかく…人が多い!
広隆寺にあんなに人が並んでいたのは初めて見ました。
あの弥勒菩薩…大好きなんです!
あの仏さま…ホントに美人さんで…落ち込んでいる今の和泉には…ホントにぐっと来て…
周囲に人がいるにも関わらず…感極まって涙が出てきました…
今日は弥勒さん…優しく微笑んでいらっしゃいました…
その微笑みは…今の和泉には本当に優しくて…縋りたくなる…そんな微笑みに自然に涙が出てきました…
とにかく…ずっと落ち込んでいて、自分を支えているものを見失っていて…
で、今朝、某blogを見て…『ああ…ついに嫌われたか…』と思ってMAXに落ち込んで…(←欝陶しい奴)
そんな時に…広隆寺の弥勒さんの微笑みは胸を突きました…
本気で泣きました…
混雑していたものの…皆さん、有り難い事に、あっさりスルーしてくれたので…和泉は小1時間程弥勒さんの優しい微笑みを見て泣いていました…

紅葉は綺麗だったし、聖徳太子にもお会いできたことは嬉しかったけど…一番は…広隆寺の弥勒菩薩でした…
本当に落ち込んでいるとき、切ないときは…広隆寺の弥勒菩薩にお会いすると…ホントに救われるような気がします…
また、後で、『幼馴染シリーズ』をアップします。



web拍手を送る
posted by 和泉綾 at 16:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記

2009年11月21日

今日行ったパンフのあったとこ…

画像
やっばり簡単に報告しようと思って…携帯でパンフ写メ撮ってご報告…
さっきの更新で入れ忘れた三室戸寺…
西国十番寺院でお参りするとお金が戻って来るそうです。
右から宝積寺、平等院、三室戸寺です。
ちなみに、伏見桃山城は管理会社が倒産して外側を見るだけでした。
それでも、駐車場は有料で観光バスも停まっていました。
あと、有名な酒蔵(名前を聞けば誰でも名前の聞いた事のある)に二カ所を見てきました。
少しだけ試飲もしました♪
まぁ…色々と重なり出先にもネット繋いでお知り合いブロガーさんの書き込み見て…つくづく和泉の運のなさを歎いていたのですが…
京都に来てしっかり楽しんでいます♪
そして…旅行中にも和泉のblogを読んで下さっている方がいる事に現在は感謝しています。
過ぎた事をくよくよ考える時間が勿体ないので…今はこれからの鋭気を養う為に楽しみ、これからの執筆活動の糧にしたいと思います。
やっと…少し前を見られるようになりました。
超私信ですが…通りすがりさま…良いタイミングにメッセージを送って下さって…有難う御座居ましたm(_ _)m



web拍手を送る
posted by 和泉綾 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

今日行ったパンフのあったとこ…

画像
やっばり簡単に報告しようと思って…携帯でパンフ写メ撮ってご報告…
さっきの更新で入れ忘れた三室戸寺…
西国十番寺院でお参りするとお金が戻って来るそうです。
右から宝積寺、平等院、三室戸寺です。
ちなみに、伏見桃山城は管理会社が倒産して外側を見るだけでした。
それでも、駐車場は有料で観光バスも停まっていました。
あと、有名な酒蔵(名前を聞けば誰でも名前の聞いた事のある)に二カ所を見てきました。
少しだけ試飲もしました♪
まぁ…色々と重なり出先にもネット繋いでお知り合いブロガーさんの書き込み見て…つくづく和泉の運のなさを歎いていたのですが…
京都に来てしっかり楽しんでいます♪
そして…旅行中にも和泉のblogを読んで下さっている方がいる事に現在は感謝しています。
過ぎた事をくよくよ考える時間が勿体ないので…今はこれからの鋭気を養う為に楽しみ、これからの執筆活動の糧にしたいと思います。
やっと…少し前を見られるようになりました。
超私信ですが…通りすがりさま…良いタイミングにメッセージを送って下さって…有難う御座居ましたm(_ _)m



web拍手を送る
posted by 和泉綾 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記