2010年06月26日

Novel Rebellion開設2周年記念リクエスト企画 23

将来の僕と君へ Final





※設定:現在、幼馴染同士のルルーシュとスザクは高校3年生です。お互いを思う気持ちがあるのですが…。ただ打ち明ける事も出来ないまま、そして、進路の問題など、更に彼らを追い詰める現実が差し迫っているようです。

このお話しはまりもこさまからのリクエストです。リクエスト有難う御座居ました。

 普通なら、ルルーシュがこんな風に肉を焦がすなんて事はあり得ない。
二人の目の前の焼き網の上で肉が炭になって、煙が立ち始めていた。
「あ、ルルーシュ!肉が…」
先に気づいたのはスザクだった。
こう云う時、わんこ並みに鼻の利くスザクが先に気づく。
これも昔から変わっていない。
「あ、済まない…」
スザクの告白に呆然としていたルルーシュが我に返り、網の上の肉を回収する。
こんなルルーシュを見るのは初めてだから、正直、スザクも戸惑ってしまう。
「あ、僕の方こそ、御免…。多分、僕が変な事を云ったから…驚いちゃったんだよね…」
スザクが少し俯いてルルーシュに詫びた。
ここで謝ってしまうのが、スザクなのだけれど。
ただ、ルルーシュはいつも、こんなミスをする事はないから…。
だから、スザクとしては、スザクの云った事がルルーシュのこんな行動を招いてしまったと思ってしまう。
―――これって、僕の自惚れなのかな…
そんな事を考えつつも、ルルーシュが焦げてしまった肉を回収している間に、スザクが新しい肉を乗せて行く。
そんなスザクを見ながら、ルルーシュが口を開いた。
「お前…そう云った話しをするには、焼き肉は向かないんじゃないのか?基本的に焼きながら食べるとなると、どうしても食べる方、焼く方に意識が向いてしまうだろう?」
ルルーシュは焦げた肉を集め終えてからスザクにそう告げた。
大体、ルルーシュの方はいきなりのスザクの申し出で来ただけなのだ。
こんな風にスザクにぶっちゃけられるとは露ほども思わずに来たのだ。
―――まぁ、突然スザクが一緒に夕飯を食べたいだなんて…何かあるとは思ったけれどな…。
ルルーシュが呆れ顔でそう云うと、スザクが『へへへ…』と笑った。
スザクのそんな笑いも、多分、不自然に見えている事は予想出来る。
元々、こう云う時に取り繕える様なスキルをスザクは持ち合わせていないのだから。
スザクとしては、こうして笑ってごまかす事くらいしか思いつかない。
「スザク…そう云えば、俺達がこうして、進学とか進路で離れ離れになる事を考えたのって…高校入試の時以来だな…」
ルルーシュがそう云うと、強引な愛想笑いをしていたスザクが『あっ』と云う顔をした。
でも、あの時にはまだ、対策を立てる事が出来た。
ルルーシュの方は自分の行きたい高校を普通に志望して普通に入試を受けて合格している。
それこそ、主席の成績で…。
だから、入学式の新入生代表挨拶はルルーシュがしていた。
ルルーシュがこの高校に入りたいと知った時、スザクはルルーシュに内緒で一生懸命考えたのだ。
どうしたらルルーシュと一緒に高校に通う事が出来るかと…。
幸い、ルルーシュの志望していたこの高校はスポーツ面でも全国的に有名で…スザクは運動能力が高くて、そのスポーツ推薦枠に付いて、担任に相談して…。
そして、その時のスザクの一生懸命な思いが通じたのか、こうして、同じ高校に通う事が出来るようになったのだ。
流石に同じクラスに…と云うのは中々難しかった。
特に、2年になる時、進路の事を真剣に考え始めなくてはならなくなった段階で、文系、理系、就職志望者、スポーツ特待生など、クラス分けされて…。
当たり前だけれど、スザクとルルーシュは同じクラスになれる事もなく…。
―――それでも、僕は、教室にいなくちゃいけない時以外はルルーシュと一緒に居られた…

 クラスは違っていても、流石に2年になって進路ごとにクラスが違うともなると、休み時間には様々な形で他のクラスの生徒が教室にいても別におかしな話ではなくなった。
と云うのも、恋人同士で暮らすが分かれてしまった者、ルルーシュとスザクの様に、仲の良い者同士が休み時間、昼食など、一緒に…と云う事はままある話しとなったわけだ。
ルルーシュとスザクもそんな感じだった。
ルルーシュは自分の人付き合いの悪さ…と云う事でスザクと一緒にいる事が多かったけれど、スザクの方は…ルルーシュに誰かほかの人間が近づく事をあまり快く思わずにいた。
ただ、ルルーシュがスザクのところに来た時に、スザクが他のクラスメイトと一緒にいるところに気づいた時、ルルーシュは黙ってそこから離れて行く事は何度かあって…。
スザクは時々そんなルルーシュに何となく…と云うか、時には自分の中で本当に寂しさとか、悲しさとかを、感じた事があり…。
そんな事が何度か続いた時に…スザクはある事に気が付いたのだ。
―――僕…ルルーシュと一緒にいたいんだ…。ルルーシュが僕以外の誰かと一緒にいるのが嫌なんだ…
と気が付いた。
それがいつの事だったのか、今となっては既に思い出す事もないけれど。
しかし、その事を自覚してからは…本当に独占欲が強くなったと思う。
自分でも怖くなった。
これで、ルルーシュと離れてしまう事になったら…と、凄く強く考える様になった。
ルルーシュと離れるのが怖い…。
そんな事を考えつつ…そして、3年生になって、それが本当に目の前の話しになって、逃げる事が出来ないところまで来た時…。
スザクは頭が真っ白になった。
スザクにスポーツ推薦の大学が決まりそうだ…そう、教師から伝えられた時には…進路が決まった安心感と同時に…。
これまで離れた事のなかったルルーシュと離れ離れにならなくてはならないと云うその、近い将来の現実に…怖くなったのだ。
これまで、ずっと、ルルーシュと一緒にいて…本当に二人で一つ…の様な気になっていた。
と云うのも、学校でもルルーシュとスザクのコンビは名物とまで云われるほど、有名となった。
それは、単純に有名になっただけではなく、実際にコンビを組んだ二人の発揮する様々なものが本物だったからだ。
高校に入ってからもそれは健在で…。
ルルーシュとそんなコンビとして云われる事はスザクにとって嬉しかったし、自分の中でのプライドでもあり、優越でもあった。
本当は…ルルーシュとそんな風に云われるなんて云うのは…身の程知らず…だと云う事は解っているけれど。
ルルーシュは凄い人だと云うのは解っているけれど。
でも、スザクにとって、これ以上の褒め言葉はないと云うくらいスザクの中での誇りでもあったのだ。
それが…
―――もうすぐ…そのルルーシュと離れ離れに…なっちゃうんだな…。だから…僕は…

 そんな事を考えながら、下を向いていると、ルルーシュが心配そうに見ているのが解った。
ルルーシュにとって、スザクと云う存在は…どんな存在なのだろうか…。
いつも、スザクと一緒にいてくれてはいるけれど。
でも、スザクがルルーシュを思う程、ルルーシュはスザクの事を思っていないのかもしれない。
スザクの中のルルーシュほど、ルルーシュの中のスザクは、存在は大きくないのかもしれない。
俯いて、黙っていると…
「スザク…そんな風に黙っていたんじゃ…解らないだろ?わざわざこんな風に一緒に夕食を食べたいなんて云うんだから…。進路の事…そんなに悩んでいるのか?殆ど、決まりなんだろ?」
ルルーシュが業を煮やしたように声をかけて来た。
なんでだろうと思ってしまう。
なんで、ルルーシュはそんな風にスザクに優しく接してくれるのか…。
それは、これまでずっと、優越感ではあったのだけれど。
でも、今は…その優しさが辛くなってしまう。
優しいのが辛いだなんて…他のルルーシュの事を好きな人たちからしたら、凄く贅沢な話しになるだろう。
それこそ、殺されても文句は言えない。
「あのさ…。ルルーシュは怒るかもしれないし、呆れるかもしれないんだけれど…。でもね…僕、進路がほぼ決まって…それは嬉しいんだけど…。でも、ルルーシュと離れるのが…その…えっと…嫌だ…と云うか…怖い…んだ…」
やっと、やっと出て来た…その言葉…。
ルルーシュはなんて云うだろうか…。
きっと、『自分の人生の為の選択なのに…一時の気の迷いでそこまで悩むのか?』などと呆れるだろうか…。
それとも『自分の人生を他人に振り回されるな!』って叱って来るのだろうか…。
どちらにしろ、ルルーシュの怒鳴り声が聞こえてきそうだ…と、スザクは思った。
でも…そんな予想に反して…ルルーシュの声が中々聞こえて来ない。
店内は確かに…色んなグループの声が聞こえて来ていて…騒がしいけれど。
同じテーブルに付いている自分達の会話が聞こえなくなるような…そんな騒がしさでもない。
とりあえず…、そのルルーシュの言葉が出て来ない状態が…少しの間続いた。
それが、数十秒の時間であったのか、数分…もしくは十数分であったのか…よく解らないけれど。
大した時間ではないにしろ、凄く長い時間に思えた。
スザクは居たたまれなくなって、先ほど、網の上に置いた肉をひっくり返しつつ、焦げないように、見張っている事くらいしか出来なくて。
でも、そのルルーシュが黙っている状態が…凄く心地悪かった。
そこにいる事が…何となく、しんどいと思うものの。
ルルーシュが黙っている状態のところを、ドリンクバーに行ってなんとか、その場を離れて、一呼吸を置く…と云う事も出来なくて…。
「あ…あの…」
思わず、スザクの方から、ルルーシュに声をかけて、ルルーシュを見ると…。
なんだか、見た事のないルルーシュの顔が…そこにあった。
なんだか…そのルルーシュの顔は…、
いつもより頼りなくて、弱々しい感じがしたのは…多分気のせいではない。
「ルルーシュ?」

 スザクが声をかけると…、ルルーシュは少し震えた様に口を開いた。
「何を…云っているんだ…。スザク…スザクの人生じゃないか…」
スザクが…ルルーシュから受ける叱責となるであろう…言葉と同じ言葉だったけれど…。
ただ…その声は怒鳴り声じゃなかった。
それどころか…少し震えているような気がした。
―――多分…気の所為じゃ…ないよね…
スザクがそんな、疑念を抱いてしまう程、珍しい光景だ。
ルルーシュが声を震わせているなんて…。
怒りの震えではない。
何かを耐えて…押し殺しているような…そんな震えだ。
「ど…したの…?」
スザクがそんなルルーシュに何を怖がっているのか解らないけれど、なんだか、恐る恐る…と云った感じに尋ねた。
ルルーシュの表情も…何か、ぐっと押し殺して、飲み込んでいる…。
そんな苦悩が見え隠れする様なそんな表情に見えるのだ。
「…んで…。なんで…スザクがそんな事…云うんだ…」
これまで…ずっと何かをスザクに隠して、自分の中に飲み込んで来たのだろうと云う、そんな言葉だった。
ルルーシュは基本的に隠し事が結構うまい。
スザクには解る事もあるけれど。
でも、今のルルーシュのその表情の理由、言葉の理由は…スザクには解らなかった。
「ルルーシュ?」
ルルーシュが何を云おうとしてるのか…解らなくて…スザクはもう一度目の前の人物の名前を呼んだ。
「なんで…お前がそんな事を云うんだ…。お前は…ちゃんと進路が…殆ど決まっているくせに…。なんで…お前がそんな事を云うんだ!」
最初の内はあまり強い口調は云えなかったけれど…最後は…少し怒鳴り声に近付いていた。
ただ、スザクがそんな事を悩んでいたと云う事で、怒鳴りつけていると云うよりも、そんな事を、今、ルルーシュに云った事、その事を怒鳴っているように聞こえる。
だから、スザクの中で、よく解らない…と云う感じになっているのだけれど。
ルルーシュが何故、こんな怒鳴り声をあげて来たのか…。
スザクが云った言葉の中で、ルルーシュは何を思い、なんで、怒鳴り声に近い様な声をあげたのか…。
「俺は…スザクの進路の邪魔をしたくない!だから…絶対にスザクの邪魔にならない様にって…思って来たんだ!なのに…なんでお前がそんな事を云うんだ!お前の人生の邪魔を…俺にさせるな!」
ルルーシュがそこまで云った後、聞いたスザクは勿論、云った本人が驚いていた。
ルルーシュはまるで…
―――今、自分は何を云ったんだ…?
と云う、少々困惑の入っている顔をしている。
「それって…どう云う…事なの…?」
驚いているけれど、でも、その言葉の意味を知りたいと思ったスザクがルルーシュに尋ねた。
その言葉の中にある、その意味は…スザクにとってとても重要な事だから。
将来の事を考えろ!と云われたって、やっぱり目の前の事もまだ大切で、後回しに出来ないスザクにとって、きっとその言葉の意味は…何よりも重要だと思えてしまう。
しかし、ルルーシュはその先の言葉を云わず…ただ、『ごめん…帰る…』とだけ云って、その席を立って行ってしまった。
スザクの中に…何か、不安と、期待とが入り混じる…。
今の状況ではあまりに不自然な気持ちだけが残った。

 結局、そんなもやもやを抱えたまま…店を出て…家に帰り…自分の部屋に入ってから…眠れない一夜を過ごしたスザクだったけれど…。
その間、スザクの頭の中にぐるぐると回り続けていた。
朝の光が…なんだか、眩しく感じるのは…恐らく、殆ど眠れなかった影響だろう。
「なんだか…頭が痛いな…」
睡眠不足では確かに仕方のない事だけれど、基本的にそんな経験のないスザクにとっては、中々しんどいと感じてしまうそんな自覚症状だ。
それでも、学校へ行かなくてはいけない現実に…ため息が出て来た。
とりあえず、じきに出かける時間になるし…。
のそのそとベッドから重い身体を引き起こした。
とにかく、顔を洗ってすっきりさせれば少しは違うだろうか…。
いつもならがっつり朝食を食べて行くのだけれど…正直、今日はそんな気分じゃない。
心配する母親を尻目に『昼食は学食で食べるって、約束したんだ…』と、適当な事を云って、さっさと家を出て行くと…玄関先には…。
「ルルーシュ?」
普段ならこんな時間のこの場所にいる筈のない人物が立っていた。
「おはよう…スザク…」
なんだか、ルルーシュの方も睡眠不足な顔をしている。
―――ルルーシュも眠れなかったのかな…
確かに、進路の話しに関しては非常にデリケートな話題でもあるのだ。
「あ、おはよう…ルルーシュ…」
睡眠不足で頭がぼんやりしていたけれど、一気に目が覚める様な気がした。
昨日の今日で…あんな話題になって、あんな風にルルーシュに云われて、先に代えられてしまって…。
「少し…いいか?歩きながら…で、いいから…」
ルルーシュがおずおずと声をかけて来た。
「う…うん…」
何を云われるのだろうかと少々不安になりながら、スザクはルルーシュの隣に立って一緒に歩き始めた。
いつものポジションで自分の右側に…ルルーシュがいる。
「スザク…昨日は…怒鳴ったりして…悪かった…」
ルルーシュがそんな風に謝ってきた。
スザクとしては、受験前のその、神経質になっている時期に無神経な事を云ってしまったと云う自覚はある。
「あ、別に…。あれはルルーシュが悪い訳じゃないし…」
「否…。怒鳴りつけたこと自体は悪い…。それに…俺が怒鳴った事で少し、誤解があるかもしれないと…思って…」
語尾が少しずつ小さくなって行く。
昨日から、滅多に見ないルルーシュの姿ばかり見ている気がする。
「でも…ルルーシュに怒鳴られる事を云ったのは…僕だし…」
「そうじゃない!そうじゃないんだ…スザク…」
少し声を荒げてルルーシュがスザクに訴える様に云って来た。
そのルルーシュの表情も…幼馴染のスザクも見た事無いルルーシュの表情だった。
―――一体…ルルーシュに何が起きているんだろう…
スザクは素直にそんな事を思っていた。
ルルーシュは少しだけ顔を赤くしている。
目も睡眠不足らしく、赤くなっているのが解る。
「その…俺も…スザクと…同じだったから…」
ルルーシュの言葉に、スザクは『え?』という表情を見せた。

 そんなスザクの表情を見て、ルルーシュは顔を赤くして、俯き加減にしながら言葉を続けた。
「その…お前が初めてなんだから…。俺だって初めてなんだ…。その、スザクと離れ離れになるって云う…その現実は…」
ルルーシュのその言葉にドキッとした。
それは…スザクとしては、消えない迷いと、進路に関して引っかかる事柄でもある。
「た…ただな…、お前も俺も…これからずっと…一緒にいられるわけじゃない。就職とか、その…け…結婚とか…これから先、ずっと一緒に…と云う訳にはいかないと思うんだ…」
ルルーシュの口から出てくる言葉…。
就職はともかく…結婚なんて考えた事もなかったけれど…。
確かに…
―――ノンケなら…そうだよね…。ルルーシュだって、いくら美人でも男なんだし…
微妙に的外れな事を考えているスザクではあったけれど。
ルルーシュはその先の言葉を続けて行く。
「俺は…それが解っていても…お前と離れる事に不安がないと云えば…ウソになる。でも、現実問題、お互いがお互いの人生を送る為には何れそうなるのは確実で…。でも…離れ離れになったって…俺達がその…幼馴染で、ずっと一緒にいた親友で…と云うのは…変わらないと思うんだ…」
ルルーシュの言葉に…ちょっと胸が痛む。
「親友…?」
「あ、済まん!俺が…勝手にそう思っているだけなんだが…。お前が迷惑だっていうなら…改める…」
ルルーシュのその言葉に…スザクの身体の力が抜けて行くような錯覚を起こした。
「そうじゃなくて…。まぁ、確かに…ルルーシュの云う通りだよね…。ずっと一緒にいるって云うのは…中々難しい事だよね…」
スザクが少し寂しそうに云うと、ルルーシュがくっと唇を噛んだ。
「でも…離れ離れでも…俺達がこうして一緒にいて、一緒にいたいと思う気持ちは…本当で…。離れ離れになったからと云って、壊れてしまう程度の関係なら…その…それまでだ…と云う事だとも思う…」
ルルーシュの言葉は…。
スザクの事も、ルルーシュの事も、考えた…よりベターな言葉を選んでいる気がした。
確かに、ルルーシュと一緒にいたいと云うのは、感情的なものであり、人として生きて行くには確実に、物理的にこなさなければならない事がたくさんあるのだ。
「そう…だね…」
一時の感情に流されて、互いの人生が互いに縛られてはならない…と云う事なのかもしれない。
「だから…俺は就職する時には…スザクにきちんと相談する。お前が、その時までそうやって俺と離れ離れになる事を不安に思って、その時に、やっぱり離れ離れが嫌だと思っていてくれたなら…。だから…一度…違う生活をしてみないか?」
ルルーシュの提案だった。
云っている事は解る。
でも、スザクの感情の中で…怖いと思うところがたくさんあって…。
スザクが4年間…ルルーシュと離れ離れは嫌だと思い続ける自信はあるけれど。
でも、ルルーシュの方は…?と思ってしまう。
ただ、それで、友達関係さえ保てないのなら…所詮はその程度の相手だったと云う事だ…。
「そうか…。そうだね…。でも、休みのとき、ここに帰って来た時には…少しあったりできるよね?」
「互いに都合が合えばな…」
「その時はルルーシュのご飯…作ってね?」
「お前が望むなら…」
「一緒に遊びにも行こうね?」
「そうだな…ただ、体力バカの限界までは付き合えないぞ…」
そんな言葉のやり取りに…二人が顔を見合わせて…笑い合った…。

 4年間…
そう云う生活を送ってみようと思う。
でも、その先は…絶対に放してなんてやらない。
その4年間が始まるまでは放してなんてやらない。
だから…
次に、その時が来た時には…覚悟しておくように!
互いが…互いにそう思ったのだった。

END


あとがきに代えて



済みません…。
金曜日…ちょっとごたごたしていて更新できませんでした。
この更新の後、多分、遅くなるとは思いますが、『皇子とレジスタンス』を掲載したいと思います。
ホント、最近、こんな状態で済みません。

リクエスト下さったまりもこさま…
こんな感じになりましたが、いかがでしたでしょうか?
ブログの関係では色々御心配おかけしております。
呆れた果てていらっしゃっていないのかも…という不安を抱えながらもちゃんと書いております。
また、ご感想を送って頂ければ幸いです。
リクエスト、有難う御座居ました。


細々と、ランキングに参加中…。この記事を読んで、お気に召して頂いた方は、お手数ですが、バナーを一回クリックしてください。拍手ページは10ページほどの対談(2010/05/26更新)を用意しています。
にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ
にほんブログ村





拍手ボタン(携帯電話から接続されている方はこちらから拍手ページにお入り下さい)

Novel Rebellion イラスト投稿掲示板

※パスワードは『Amethyst』です。
アンケートのご協力のお願い

携帯電話からの接続の方はこちらから

アンケートを設置しました。アンケートのご協力、よろしくお願いします。



メール便発送OK!コードギアス 反逆のルルーシュR2 ギアスマスコット 枢木スザク
パンクベリートイ・ストア
【商品名】コードギアス 反逆のルルーシュR2ギアスマスコット枢木スザク【メーカー】バンダイ【スケール

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

激安コスプレ衣装 。XS,S,M,L,XL各サイズ選択可。高級な衣装を自信 持ってお勧めいたします。今大変人気な コードギアス 反逆のルルーシュ 枢木スザク 騎士服
コスゾーン
今大変人気なコードギアス 反逆のルルーシュ 枢木スザク 騎士服のコスプレ衣装です。 専属のプロが一着

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
posted by 和泉綾 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Novel Rebellion開設2周年
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39613593
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック